2017年09月20日

0aecb29f.jpg

717ec042.jpg

26f71ea9.jpg

97f49516.jpg

a7539f1c.jpg

ごめんなさい、ホントごめんなさい!

「…ちょっと痩せた?」

って最近ちらほら言われるどーもマツリ子です!

 

マツリカから徒歩数分の場所にあるサイダーバのママにも
「おねさん、やせたぁ?」
って先日言われました!

デブ嬉しかったので今日はサイダーバさんについて熱く語りゃす!

マツリカがオープンした2004年、今から13年前、
仲良しのお客さんに連れられ、当時水戸街道沿いにあった小さな小さなパパのお店に行きました。
お客さんのオススメで、今は日替わりメニューになっているゴアフィッシュカレーをいただく。
カジキマグロとナスのカレー。

う、

うまーいっ!!

そして安い!

当時は小岩のカシミールにたまに行く程度だったのですが、やはりインドカレー屋さんのディナーは高級なのよ。
カレーだけで千円くらい。ナンやご飯、サラダは別料金。
それがパパのお店ではナンもサラダもついて700円とか800円とか!

マツリカのチラシも置かせてもらい、それからちょいちょい食べに行くようになりました。

あまりに小さいお店だったから、広い店舗を求めて新松戸に移転し、やっぱり金町のお客さんが新松戸まで来てくれるから、って、金町に戻り、
理科大が出来、駅周辺の飲食店で学生目当てのし烈なランチ価格戦争が勃発し、
その波に飲まれて金町店閉店。

そして1年後、
今の水元にサイダーバがオープンしたのです。

『サイダーバ』の『サイ』はサイババのサイ。
あの頭のでっかいオッサンじゃないよ? 神様の方。
サイダーバになる前の『サイキルパ』は、『サイババのおかげです』って意味でした。

『ダバ』はインドで喫茶店(カフェ?)。
サイダーバは最初、軽食だけのつもりで始まったのです。

タンドールもなかったのでナンも焼けなかったのですが、常連さんのリクエストにこたえ、小さい窯をパパはローンで購入。
こうして『世界一』のパパのナンを再び食すことが出来るようになったのです

日本で『インドカレー』と看板をあげている多くはネパール人です。
ネパールは貧乏なイメージがあるから『インドカレー』としているらしい。
で、本場ネパールのカレーというのも実はサラッサラのあっさりカレー。
それを高級感を出すために、
小麦粉を使い、生クリームをくわえ、こってりカレーに仕上げているのです。

圧倒的にこのこってりカレーを出す店が多いのは、それが日本人の口に合うんだろうな。
私はこってりカレー、気持ち悪くなっちゃうの。

サイダーバはカレーの量もすごく多いけれど、どんなにお腹いっぱいになっても胸焼けしたことがありません。
お客さんのお母様、インドカレー初体験の80歳近いご婦人も、ぺろりと完食しちゃいました。
幼稚園児だって美味しい美味しいってニッコニコ。

そんなパパのカレーを人に紹介する時、私は『インドカレーの精進料理』って言葉を使います。

水など1滴も使っていないような野菜ジュースみたいなルー。
チキンはもちろん、マトンもやわらかジューシーで、しかも脂っぽくない。脂が見当たらない。けどジューシー。
パパはいったいどんなマジックを使ってるんだ?

先輩同業店『夢の丘』さんの奥様をお連れした時、
「パパ天才!」を連呼しておりました。
それは私がずっとずっと夢の丘さんに話していた言葉。
「パパ天才だから是非食べにきて下さい!」。
自身でタイ料理のお店を経営している奥様いわく、
「スパイスが絶妙!」とも。

インドカレー店は数あれど、
精進料理的なカレーはサイダーバでしか食べられません。
なので皆さんも是非一度サイダーバを味わいに行ってみて下さいな!

写真は先日のもの。
3人で飲んで飲んで飲んで食って、6,800円もしなかった!
なんて良心的!
お酒12~3杯は飲んだんだけどなぁ(笑)




Matulikomatulika33 at 14:54│コメント(0)トラックバック(0)

2017年09月17日

ひまーヽ(*´▽)ノ♪
どーもマツリ子です。
あ、今日はママちゃんの命日や。もう7年。あの夏は暑かったな。

先日、麻&革作家のinomariさんにオーダーバッグを持ってきていただき、
それは昔、マツリカが三郷市高州にあった頃のヒット商品だったので、
「こんな感じだったよねぇ」
なんて、昔の写真を…

ぇえーっ!?(`ロ´;)
これ、店ーっ!?

ふむふむと見ていたマツリ子、おったまげー!
inomariさんの写真は高州マツリカの店内だったのです!

あ、こんなんで驚いてもワケワカメですな。

説明しよう。
物が少ないのです!すっかすか!
inomariさん作のバッグが壁にぽつんぽつん。問屋で仕入れた革のポシェットがぽつん。
おしまい。

なるほど!

あきんどマツリ子は気づきました。いま仕入れ過ぎなんだ、と!

高州のお店は、
例えるなら高級ブランド店のように、ひとつの棚に商品が2つ3つ
服はハンガーからハンガーまで拳ひとつ開けて…

みたいなね!

だからか!

いやね、
高州マツリカだった頃、ひとつひとつの商品に説明書き(POP)をつけて、オヤジギャグ的なひとことも添えて、
マツリカンはそれらをじっくり読んでクスッとして触って眺めて、
そしていつかのお給料日に連れて帰ってくれる。
そのゆったりとしたリズムがわたくしとても心地よく、
で、いやらしい話、黒字にもなったのですよ(ぼそっ)。

金町に移転してから商品の回転が早くなりました。
売れはしないの。ただ新入荷が続々。
棚はびっしり。
服はぎっしり。
そんなんじゃ商品をじっくりなんて無理だし、じっくり見ないなら長居もしない。

何度か気づく時がありました。

これいいなぁ、って眺めてもらえる商品を、そのお客さんは数ヵ月眺めてからやっぱり可愛い!
ってお買い上げしてくれます。
これいいなぁ、って商品はいつも決まっていて、
あれとこれとそれと。

いいなぁ、って思ってくれているんです。次のお給料日に、って思ってくれているんです。
それを待てずに店内ぐちゃぐちゃにしちゃったマツリ子が悪い。

収支もおかしなことになるし、第一ゆとりがないのですよ。
いまPOPを書こうとしても、小さな字でちょこんと添える程度しかスペースがない。
あ、あと掃除もしたくない(笑)
ぐちゃぐちゃゆえ、掃除も面倒。

水元マツリカ、
今度こそ原点に戻りたいと思います!

迷わず買えよ、それしかないし!

みたいな店内に、これから変えていこう。



前回お知らせしたフエルトbag。
4Lsizeに育っちゃったマツリ子が持ってこんな感じです。
これも飾るとこないから雑に置いてあります。

いかんいかん!


これは飾れた



Matulikomatulika33 at 14:48│コメント(2)

2017年09月16日

41291f43.jpg

85fae428.jpg

9a258f85.jpg

dd0d067e.jpg

7871d2e8.jpg

毎日ブログを更新できる方って尊敬しちゃう、どーもマツリ子です。
あたしもう眠い (´∀`)

昨日の記事は全然大量仕入れではありませんでした。
まぁ載せられる画像枚数が決まっているからブログ上では関係ないか。
そっか、あははははー(←眠い)

ネパールの、キャンパス地に近いしっかりコットンで作られた服が大好物なのです。
お花モチーフやゲレ織りがアクセントの。
しかし高い!
それが安い!(はやっ!)
ということで、ずらーっと1点ずつ仕入れてみました!
問屋さん、先週だけ安くて今週は元のお値段に戻っていたから、
こりゃラッキー
アンラッキーに仕入れたら3,800円はしちゃうネパール衣料が、
2,800円!
ワンピースの他にサロペットもありますの。


こんな感じのが色柄違いで5枚。

どれも下に長袖Tシャツ着れば秋の行楽にぴったりの装い。
ブカッと着られる作りなのでぽっちゃりさんもレッツラトライ★
てか、多少のお肉は必要かなー。
あっ! あと妊婦さん??
妊婦さんにもオススメです!

※マキシワンピは身長160cm以上の女子かな、と。
 …男子でもよいけど。

フエルトポーチ!
これもネパール。これも大好物(笑)
他に曇り空の柄もありまーす。

これ↑いちばんのお気に入り。
この大きさに何を入れるの? いいじゃないか、可愛いんだもの。マツを。
みたいな!

あと、画像ありませんが、
フエルトの手持ちバッグも仕入れてあります!
すんげっ、可愛いの! お花のモチーフがたくさんついてて、財布とスマホと化粧ポーチとハンカチ。
ハンケチ?
キャメラ?
アッコ和田? (゜∀゜)
が入る、ちょうどよい大きさで1,680円。

すべて1点仕入れなので、まずは見に来て下さいまし!

安定の折り畳みリュック、レザーを使った これまたちょうどよい大きさのショルダーもあります。

マツリカすっかり秋色よー

次回、
『仕入れ過ぎたと気づく』の巻、おっ楽しみにー!



Matulikomatulika33 at 13:50│コメント(0)トラックバック(0)

2017年09月15日

a302069f.jpg

6b522b6f.jpg

0404b69c.jpg

5f25b7e0.jpg

76fadbb8.jpg

いやー連休っスね!
どーもマツリ子です。
18日 月曜日も敬老の日でお休み。マツリカもお休み。

ややっ!
誰かとデートできちゃうかも!
(*≧∀≦*)
  ↑
ひたすら眠いくせに。

寝ても寝ても眠いです。
春眠暁を覚えずと言いますが、私は秋眠だなーと毎年思うので、
つまり毎年秋は眠ぃーんだ!

大量仕入れしちゃいました!
今回は雑貨の部。まだ全然まし。(次回衣料品あたり紹介します)

インドの細密画が大好物で、
…って言ったら「バリの細密画、見ます?」って民族館(先輩同業店)のオーナーさんが見せてくれたのですが、

だからやっぱりインドの細密画だな!

てな感想。
お気軽にgetできる何枚かを仕入れさせてもらいました!

もっともっとお気軽に!
щ(≧∀≦*щ) カモンナッ!
って方には、細密画のミニポスターもあるんだよ。
そや、カウンター付近の見えるところに置きましょうかね。
こちら1枚80円。


A5くらいの大きさです。

百均の額に飾ったらとても素敵です。

そしてそして、
こちらもたまらん『手のひらの香炉』。
なんだろう、これ。この落ち着く感じ。
コーン香じゃ可哀想なら、ピアスを置いたり花を置いたり。
マツリカのマツリカちゃん(ジャスミン)くらい小さくて香りの強い花を3つくらいむしり(!)
そっと置くのもお洒落ですよね

ブリキのトカゲは前出民族館さんで卸していただきました。
トカゲってだけで可愛い。
キャンドルとか関係なく可愛い。

同じく民族館さんから『ティンシャ』。
チロリ~~~ン♪
って、それはそれは心安らぐ深い音色なんです。
瞑想から覚める時にヨガで使ったりします。
残5個をごっそり全部いただいてきたので、これが売り切れたらおしまいです。

さて眠くなってまいりました。
次回、衣料品の巻でお会いしましょう



Matulikomatulika33 at 17:39│コメント(0)トラックバック(0)

2017年09月09日

014e5a66.jpg

75bcab8f.jpg

776be7e0.jpg

秋晴れの土日など暇に決まっとる!
どーもマツリ子です。
いーのいーの、おでかけ日和だもの。

 

8月22日の18時30分、事件は起きた!
自転車の速度がパネェ大久保さんが、さらに飛ばしてやってきました!
「う、ウツボカズラ、はぁはぁ…
安いよ!」
ちょっと大袈裟に書きましたが、
そんな勢いでお知らせに来てくれたのです。
近くのスーパーに火曜日だけ来る安い花屋さん。今日はウツボカズラがある! 来週あるとは限らない!

合点だー!("`д´)ゞ

マツリ子、店開けっぱなしで飛び出しました。

そうして仲間入りした赤いウツボカズラは、『Lady Lack』。幸運の女神らしい。

ダンゴムシ入れてみようかとか、常に湿気が必要とか、
毎日おそるおそる様子を見ながら、
気づけばこんなに成長しておりました!


明日には蓋が完全に開くかな。

その他、大好きなやつでちゃんも続々新芽がでて、
前回載せた藤色のあれも元気なら、反対端のニラの花?
なにこれ。好きだけど。
あれも確実に去年より元気です。
お米の磨ぎ汁あげてるからかな。

で、実家に置いてもらった可愛いピンクの山茶花ちゃんは、

なんか枯れ木になってました

いそいで水をあげてみるも、
「根ぐされしてんじゃね?」と姉。
毎年秋の終わりから、ピンク色のきれいな花をたくさんつけて、金町を行く人々(おもにマダム)の目を楽しませてきたけれど、
なんてこったい(泣)

植物にも愛情は必要なんだな。
てか、植物って言葉が喋れないだけで念は感じる。
だから植物状態の患者さんも絶対すべて分かってる!

山茶花は、金町マツリカの斜め前にあったとんかつ屋さんの子でした。
店を閉める時にとんかつ屋のばばあにうまいこと言われ、マツリカに来たのです。
「ここにあれば、ああ、ここで店をやってたんだな、って思い出せるから…」
そう言って渡された山茶花は、毎年赤い花をつけていて、
漬物容器に植わってるし、なんか貧乏臭い

赤い山茶花が嫌いなマツリ子は、植え替えもせず、毎日お水をあげながら、
赤い花咲いたら切るかんね!
って思っておりました。
案の定赤いつぼみがつき、ノコギリを用意した翌日、

まさかの白い花!!

つぼみは赤いから、縁だけ赤いピンクの山茶花となったのです。
生き延びるためにヤツも必死だったに違いない!

ということは今、実家に置かれた状態は、
捨て山茶花
みたいな。

どーしよーかなー。
店に持ってこようかなー。
と思案中。


来週前半に大量入荷あり。
可愛い子たちがたくさん届きます。



Matulikomatulika33 at 17:30│コメント(0)トラックバック(0)