2017年08月11日

9cffe286.jpg

c20c6bb8.jpg

何年ぶりかなぁ。
思い出せないくらい久しぶりにお墓参りに行ってきました、どーもマツリ子です。

お葬式もお墓も、私は残された人のためにあると思っていて、
残された人が人生に迷った時にお墓は必要なもので。

30歳前後に立て続けに友人を2人亡くしたのですが、
同僚ではないから毎日顔を合わせていた訳でもなく、だから余計この世にいないなんて信じられず、
あの街をうろうろすれば
「いよぅ!」って手を振ってくれるんじゃないかな。
会いたいな。
毎日毎日、夜空を見上げて泣いておりました
まだマッシュ店長が元気な頃で、そんな私を心配して、後ろに大切なおもちゃをそっと置いてくれたほど。

あの時にお墓があれば、花を手向け手を合わせ、墓石に刻まれた名前に納得したんだろうな。

ママちゃんが亡くなった後、少し時間があるとお墓参りに行っておりました。
「おっけぃ、おっけぃ♪」が口癖の近くのハリキリ花屋さんで、毎回白い花ばかりをほんの少しだけ選び、お線香は店のインド香の白檀を数本。
当然だけどまだじいさんが生きていて、
「お前ばあさんの墓参り行ったのか?」ってよく電話で聞かれたっけ。
行ったらキレイになってたからよ?って。

私はたぶんじいさんの為にお墓参りに行っていたんだと思います。
まだママちゃんのこと忘れてないよ、まだ私も淋しいよ。
お墓参りをすることで、そう伝えたかったんだと思います。
ひとりじゃない。2人だから、淋しいけど淋しくない。

じいさんが亡くなった後にお墓参りに行った記憶がありません。
ちょいと記憶が飛んでいたりするのですが、
たぶんない。
今日お墓参りに行き、
墓石に刻まれたじいさんの戒名を見て、
何かが胸を突いた。
そうだ、じいさん死んじゃったんだ。

だから、お墓参りには行っていないと思います。

墓前で手を合わせ、

もちっと健康になりますように。
頭が働きますように。

巣鴨のとげぬき地蔵あたりに行ったかと思われるがっついたお願い事をし、一緒に行った弟と少し近況を話し、
あんパンとあんドーナツと、姉が作ったスイカを回収して帰ってきたのですが、
特に心が晴れもせず。

なんだろう。
お墓参りが淋しい。


今年の夏はおかしいですね。
5月末が死ぬほど暑く、
マツリカのマツリカちゃんは空っ梅雨の6月に咲いちゃったし、8月に入ったら夏の終わりのような。
台風一過の茹だるような暑さとか、地震が多いとか、
UNIQLOはもう秋物だし(←いつものこと)、
夏休みが終われば大晦日まであっという間。

行楽シーズンの秋を前に、
8月27日(日)~28日(月)、一泊旅行に行ってまいります。


マツリ子が選ぶマツリカの好きな風景。



Matulikomatulika33 at 16:07│コメント(0)トラックバック(0)

2017年08月08日

マツリカを始めたのは2004年。
35歳になる年の2月に店舗契約、3月に開店したのですが、
そこに至るまでの私は

人類など滅びてしまえ!

そんなふうに思っておりました。
意外と狂気、どーもマツリ子です。
エアコンのフィルターを掃除したら冷気がよみがえり、只今ご機嫌。

※エアコンのお掃除は、活躍する時季の週1程度にフィルターの汚れを取るのみ。
気になる方はまわりの埃を掃除機で吸い取るか、雑巾で拭き取って下さい。
エアコンクリーナーを使ってたまった汚れを一気に掃除すると、排水が詰まりエアコンの故障の原因となります。
クリーニング業者に頼んでも壊れる時があります。
ご注意あれ。

さて。
友達のブログ更新を楽しみにしている今日この頃なのですが、
彼のブログには必ずYouTubeの音楽が貼ってあります。
先日は薬師丸ひろ子の『Woman』でした。
姉が薬師丸ひろ子ファンで、あの当時散々聴いた曲なのですが、

『もう行かないで そばにいて』

これだけで何日も泣けるとは!
調べると色々な方がカバーしている名曲なのですが、平井堅の『Woman』は古時計みたいでしたね。
で、オリジナルがいちばんグッとくるという。

『時の川を渡る船にオールはない』

時の川だ、っつってんのに、
三途の川で船に立って笑顔で手を振るじいさんとママちゃんが浮かぶのです。

数日泣きました。

そしてブログの最新記事が、
日航ジャンボ機。

1985年8月12日。

JAL123便が御巣鷹山に墜落し、520名が亡くなったあの事故です。

当時マツリ子16歳。
良くも悪くもパンパンだった高校1年生。
3つ違いの姉は長野の大学で寮生活をしておりました。
8月12日は、夏期合宿で箱根の寮におりまして、
「大阪行きの日航機が墜落した! 家族の安否を確かめたいヤツはいるか!」
先生の呼び掛けに、
長野県だけど姉が近くにいる。
ってことで実家に連絡したのを覚えています。

これは後日、姉から聞いた話です。

寮生活を送る10代最後の野郎どもは、
立ち上る煙とオレンジ色に見える山に目星をつけ、車を走らせました。

山に入ると、ひどい臭いと、聞こえるうめき声。誰なのか分からないけれどたくさんの大人が集まっていて、彼らに怒られ現場を後にしたそうです。

まだみんな生きてたー
超こえー

報道では自衛隊到着は14時間(12時間?)後となっておりますが、
たしかにあの夜、何らかの部隊が事故現場にいたのです。
そして生存者もたくさんいた。

そこまでは知っていたのですが、友達のブログを見て改めて軽くググってみると、

軍事、国家機密、火炎放射器、毒ガス。

物騒なワードが簡単に出てきました。
それを追っていたジャーナリストの謎の死も。

マツリカを始めてから、お客さんに恵まれ、たくさんのマツリカンとたくさんの話をして、
世の中まだまだ捨てたもんじゃないことを知りました。
それまでの私が捨てていた世の中は、
まさに日航ジャンボ機墜落事件のような世界。
阪神淡路大震災ですら、
『地震発生装置』
なるものの存在を考えました。
古い家屋が瓦礫となった上に、だいぶ前から計画していたかのように新しい建物が次々と建設され、
そこに不信感を抱いたのです。

まるで漫画の話だな。

そう鼻で笑われ、ひとり怯えていたけれど、
今 UA(ウーア) のライブで配られている冊子があるそうです。
そこに書いてあるのは、
9.11もアメリカの自作自演、と。
敵を決め、戦争をしたかった理由は結局は『お金』という内容です。

TV番組や新聞や、
マスコミに操られているなと思うことが最近多い。
あまりTVを見ないから、
ん?
って気づくことがあるのです。

犠牲になったひとりひとりの命は諭吉よりずっと重いハズなのに、
実際はアルミで出来た1円玉くらいに扱われ利用されている現実。

広島原爆、長崎原爆、日航機。

夏の暑い時期に思い出し、考えなくちゃいけないことは多い。
1年に1度くらい、そんな夜を過ごしてみてはいかがですか。


夏物衣料、『レジにて500円引き』をたくさん用意しました★



Matulikomatulika33 at 17:09│コメント(0)トラックバック(0)

2017年07月28日

3c3cacd4.jpg

3516a256.jpg

5e6e442b.jpg

3e99f98f.jpg

e00fcb41.jpg

イタリアンのお店のお洒落な手書きボード。
『前菜3種盛り』を
なぜだろう。

ま、前歯3本!? (`ロ´;)

今日も絶好調♪ どーもマツリ子です。

ライン友達と
『今年は変な天気だねー』
『もう四季は消えたんじゃない?』
『日本は亜熱帯になるって前から言われてるしねー』
的な話をしておりました、平日の真っ昼間、すげー暇な大人2人。
若者たちよ、安心しろ。
ちょっとアレでも何とか生きてはいけるからっ!

気候がおかしいって話から人類の誕生諸説となり、

森が消えて猿が立った!
立つには理由があったハズ!
草原になったから見晴らしがうんぬん。
いやいや、立つイコール手を使わざるを得ない環境になった?さるだけに。
案外立ってみたら楽チンだっただけじゃない?
腰やっちゃわない?

アレな大人の会話はとても楽しい。

動物の進化でキリンが登場。

首長族もかなり頑張ってるけどキリンには到底及ばないね。

このあたりから、
気が遠くなるほどの時間を感じ始めました。

で、

今って、地球の一瞬なんだね。

地球が出来て46億年がたち、また長い時間が流れて太陽が爆発し、すべてが無になる。
その間のほんの一瞬。
いや、刹那より短いかも。

『瞬』も『刹那』も仏教からきた時間の単位ですが、
『瞬』は瞬き(まばたき)とも読みます。
マツリ子、武田鉄矢と誕生日が同じなんで、ちょっとこじつけだけどうまい話をしてみます。

マツリ子が地球だとします。
生まれて死ぬまで何回瞬きをするだろう。
それは数えきれない数で、その1回など気づかないほどの一瞬。
私たちが喜怒哀楽を繰り返すこの一生は、
たった1回の瞬き。

排水が臭うからパイプクリーナー使いました。
ゆで卵はお湯から茹でればキレイに剥ける。
蟻の巣コロリの威力や、ゴキブリに効くインド香。
生協のマンゴーアイスがびっくりするほど小さかった、向かいのバカ夫婦が引っ越していった、ぷりっぷりのウインナーが食べたいな。

『一瞬』の中に詰まっている生活のすべてが、バカらしいようないとおしいような。

だからこうしよう、こう生きよう的な結論はないのだけれど(オチもね)、

ビル建てた、マイホーム手に入れた、緑地を増やさねば、海を埋め立てて…

なにこちょこちょあの手この手でやってんだか!

バカらしいもいとおしいも、
その先はおのおの。

ただ、
今は、地球の一瞬。


新入荷ズラリしました!
初めて仕入れたネパールのティンシャ、深くノスタルジックな音色です。




Matulikomatulika33 at 13:57│コメント(2)トラックバック(0)

2017年07月15日

1a84a714.jpg

2dbd9677.jpg

68299da0.jpg

5a63c096.jpg

d38a98f2.jpg

岩子(カメっち)がね、この暑さでいよいよ食欲全開となり、人の気配がすると口あけて
ごはんー!
ごはんくれー!
ヽ(`Д´;≡`Д´;)ノ

こわいよっ!
ガメラかよっ!

どーもマツリ子です。
『数分で食べ終える量を与えて下さい』だと?
3分もあげたらテトラレプトミン220g全部なくなっちゃうわ!
ウルトラマンも呆れて帰っちゃうわよ!

さて。
今日のお題の蟻んこですよ。
一昨日だったかな。
1人だとドアを開けてトイレに入ります。狭いので。
用を足していると、おや? 蟻んこ…
蟻んこ…

蟻んこ!!

何この行列!!(`ロ´;)

その場で
『トイレの前で蟻が行列作ってる!』
知り合いにそうラインすると、
『蟻もトイレに入りたかったのかな?』

いや違うって!(爆)

文章だけだと蟻奥さんが買い物かごぶら下げて世間話してそうになっちゃうのですが、
トイレの前のタイル部分の、浴室の入口の隙間から蟻が出入りしています。

で、そこをウロウロする目的は何だ!?

不思議に思いながらもティッシュ丸めて端から蟻んこ殺ってやりました!

『浴室パテ』なるモノがたまたまあったので、それでタイルの隙間を埋めれば解決!
と思いきや!
すぐに行列の範囲が台所まで広がり、



台所の床も隙間だらけで、
そして僕は途方にくれた。(←そんなタイトルの曲、知ってる?)

閉店し、夕飯作りに流し下にあるフライパンを取り出すと、そこは蟻んこの集いの場。

うぎゃーっ!!

もう我慢できん!根こそぎや!(#`皿´)
ドラッグストアに自転車を走らせ『蟻の巣コロリ』を買ってきました。
簡単に設置し、ひと安心。
これで明日にはコロリや、コロリ。

翌日。
相変わらずの蟻んこ。
(・_・)???

しかしエサには食いついている。どんどん運んでる。
またトイレに入ったままググると抹殺に2、3日はかかるらしい。

ふむ。静観か。

またティッシュで端から殺ってやりたかったのですが、殺っちゃったら根こそぎにならないので我慢我慢。
よし運べーどんどん運べー
とはっぱをかけてみたりして。

の夕飯ですよ!
あ、昨夜や!

フライを揚げようと天ぷら鍋を取り出しました。これまた流し下ですが、天ぷら鍋はラップで蓋してあるから大丈夫!(^∀^)

もうね、
うぎゃーっ!!とか出ないね。ムカつく。ただただムカつく。

天ぷら鍋の中の油が蟻んこのプールと化してました。
全員どざえもんですが、入場規制が必要なほどです。
なかったことにして鍋をそっとしまい、メニューを冷凍餃子に変更しました。
美味しいけど美味しくない…

不快な2日間が過ぎ、今日はようやく蟻んこ数匹。
ビバ、蟻の巣コロリ!!
ヽ(*´▽)ノ♪


『蟻んこ行進曲』
って曲があります。
30年くらい前、仙台で大変有名だった『阿Q』ってバンドの曲。
彼らを知ったのは音楽ビジネスの専門学校時代、二十歳の頃です。

偏差値42くらいのバカだけど躾は厳しい学校に中学から6年も通っておりました。
卒業して飛び込んだ専門学校は、
まぁ怠惰。
人の話もまともに聞けないのかよ!って、入学式で嫌になっちゃいました。
誰とも喋らずクラスで浮いた存在。何かにつけ厄介なのでつるむ仲間は作りましたが、
クラスには馴染めないまま。
いや、馴染みたくなかったし。
早起きが面倒になり、1限目の授業なんかまず出ない。
親には悪いけど、2年という考える時間が欲しくて専門学校に通わせてもらいました。
入学金や授業料を考えると、
今の自分はどうしたものかな。
悩み、苦しみ、もがく中、たくさんの本から生きていく術を見つけようと必死でした。
単位を落とさないためのギリギリの出席日数、
こいつら全員死んでしまえ。
絶望の中で目を暗くして。

そして、ひょんなことから阿Qと出会ったのです。

vo.タラちゃんのダンサボゥな曲と、G.てっちゃんの限りなく優しい詞。
それは優しすぎて泣けてくるほどで、
私の尖った気持ちを笑顔でコツンと叩いてくれました。
ボロボロと崩れた中にあった白くてまあるい心。

人は愛でしか救われない。

それが阿Qが教えてくれたこと。

その後、阿Qを追いかけてレコード会社や音楽事務所に入る訳ですが、
阿Qは解散しちゃった…のかな。
上司は『お休み』と言っておりました。サザンみたいに休んでまた活躍するんだ、と。

3.11の少し前、てっちゃんは亡くなってしまいました。
もともと体が弱く、お薬飲むためにご飯を食べているような。
てっちゃんと1度だけ話したことがあります。
会社のエレベーターで一緒になり、勇気を出して
「阿Qが好きでここに入りました!」
てっちゃんは優しく笑って「がんばってね」って。
てっちゃんはいつも優しかった。
ライブではいつもてっちゃんの前でした。
昔からの強烈なファンに突き飛ばされたりする度、心配そうに見ていてくれて、立ち上がってまたリズムを取ると満面の笑みで大きく頷いてくれて。


蟻んこに悩まされた2日間、阿Qの『蟻んこ行進曲』をずっと歌っておりました。

♪ねぇお父さん お庭にいるよ
 真っ赤な蟻が たくさんいるよ

そらで歌えます。

♪「安心していいよ」女王蟻は笑って

「私たち脳みそ愛でできている」


巣がやや全滅しているであろうにせっせと毒エサを運ぶ蟻んこ。
自分の体ほどもある大きなエサを背負って。

夏だなぁ。
ぼんやり思う室温30度。




Matulikomatulika33 at 15:03│コメント(0)トラックバック(0)

2017年07月04日

c5ec97fb.jpg

97d77704.jpg

75db323c.jpg

f937ad6d.jpg

5daf0cf5.jpg

スマホで音声検索をする時、誰もいないのを見計らってドラえもんの真似をすることがあります。

きみの行く道は~~~

ややっ、
今日もちゃんと出た!

どうやらドラえもんは想定内のよう。1本取られた気分のどーもマツリ子です。

なぜそれを調べたかと申しますれば、



分かります? この足跡。
これが岩子(カメっち)の歩いた道なのです。
水元に店舗を移し、冬眠から覚めた岩子を掃除し、そしてある時店内に逃げたヤローを追い
ハッと立ち尽くしました。

それはまるでひとつの人生(カメだけど)を見たような。

よちよちと歩く。
左足を出して、右足を出して、のろくても1歩ずつ。
いや実際はのろくないけどね、短足のくせに早い早い。

しかしそれが私には人が歩む道に見えたのです。
ぼんやりとしながら岩子を回収し水槽を片付け、
その間心の中で歌うのは

君の行く道は~♪

ん?…果てしなく遠い??

あれ、おかしなことになっちゃわない? 前回まで人生あっという間説を熱弁していたのに『果てしなく遠い』とな。

で、ググってみると
『若者たち』というタイトルが出てまいりました。
あーたしかにな!
20代までが人生の半分を占めているんじゃないか。
そう感じるほど果てしなかった。
いつ見えるんだ、ゴールはよぉ。
なんて泣きべそかいておりました。
ゴールが棺桶とも思い至らなかった若き日々です。
南無…。

しかし暑いですな。
アイス食べちゃおうかしら。
昨日7月3日は33度あったそうで、月曜でお休みだったマツリ子、
ぼんやりTVを見る
…あづいっ!
ぼんやりTVを見る
…あづいっ!
これのエンドレスでした。
あづいっ!の度に扇風機を睨み、
お前さんの全力ってそんなもんかい?(嘲)
いや、そんなもんですよ、扇風機よ?

てな訳で、マツリカ近くのお好み焼き屋さん、さんみのかき氷を買ってきて、かき氷を食べながら唐揚げ弁当をもりもりした訳です。

氷と油ってなんで仲良く出来ないのかな。

3、4時間してからですかね。
やや?
この感じ…??
ん?
なんかキモい!
の後にくる猛烈な腹痛。
大人になって腹痛ってなかなかないですよね。
脂汗をかきながら薬に手を伸ばす。
効いてくれ、
は、8年前(!?)の富士薬品!!(オワタ泣)

水で刺激され、そのままトイレへ。
ぅおおーっ!
腹を叩く叩く叩く!
妊婦だったら胎児死亡ってほど叩く!

どうにか悪いものを出し落ち着いた訳ですが、腹痛ってなんであんなに孤独なんだろう。
闘うのは自分しかいないことを思い知らされる。
で、普段「こわいから病院なんて行かない!」とか言ってますが、痛みが続くようなら救急車(はぁと)
とか思ったりします。


猿のペーパーオブジェは最近のヒット仕入れです。まだ売れていないので、猿の死骸の山みたいになってます(きもっ!)。
吊り下げることも出来るプランターとアフリカンなマグカップは再入荷。
カフェカーテンもアフリカンな柄にしました。

さぁ、あと40分で閉店だ!
お腹がグースカいいだしたよ!(←性懲りもなく)
雨も強まり、台風が近づいてる模様!

若者たちよ、
君の行く道は少しくらい寄り道したってまだ大丈夫だから、
いつでも深呼吸しにいらっしゃいな。



Matulikomatulika33 at 19:28│コメント(0)トラックバック(0)