2017年09月07日

1937f274.jpg

8427d95b.jpg

あまり好きではないのだけれど、マツリカ花壇で明らか去年より元気で満開?な、

これ。

藤色の花を見ると何故かママちゃんを思い出します、どーもマツリ子です。

ママちゃんが産科以外で初めて入院したのは、マツリ子10歳と数日、姉は中学1年生、弟はまだ幼稚園の春でした。

まだ手のかかる3人を抱え、仕事に家事に病院に、
じいさんは本当に大変だったと思う。

小学校の春の全校遠足は毎年水元公園で、
こちらの事情に関係なく平和にある行事で。
職人だったじいさんのにぎるおにぎりは爆弾のように大きくて、それが2個。
デザートには巨峰の缶詰め。
当時我が家で流行っていた巨峰の缶詰めなる高価な1品がありました。中に皮をむいた巨峰がたくさん入ってるの。
それを1缶、タッパーにあけ、デザートとして持たせてくれたのですが、
おにぎりがあまりに大きくて、やっと平らげタッパーに手を伸ばした頃には昼食時間終了。
家に帰って、残してしまった巨峰のタッパーを出しながら、
「ごめんなさい」って大泣きしました。

ママちゃんは葡萄が大好きで、たぶんずっと元気のなかったママちゃんを励ますために、じいさんは巨峰の缶詰めを頻繁に買ってきてくれたんだと思う。
沈みがちな一家団欒を
「美味しいねー!」って、能天気な食いしん坊を演じることでしか明るくできなかったマツリ子。
それでもじいさんは嬉しそうに笑っていて。

ママちゃんがいない遠足も、楽しい思い出を作ってもらいたくてあのデザートを持たせてくれたんだと思う。
それを残して帰ってしまったことが、
なんだろう。
今でも涙がとまらないほど切ないのです。

大泣きしたマツリ子にじいさんは笑いだし、
「いいから今食べちゃえ」って。
ぐちゃぐちゃの顔で大粒の巨峰を頬張り、
最後の涙を一粒流しながら美味しいな、って。


19の頃からの友達がいます。
彼女は3人の子の母で、フルで働きながら毎日くたくたになるほど頑張っています。
末っ子長女の娘ちゃんは、今年高校生になりました。
やりたい部活があって入った高校ですが、朝練から夜遅くまで、話を聞いているだけでも心配になります。
とても負けん気の強い娘ちゃんで、カッコいいと思うほどなのですが、
昨夜は入学して2度目の涙をこぼしたそうです。
『見守ることしかできないね』
って、今日は娘ちゃんの大好きな肉をお弁当にびっしり敷き詰めて持たせたそうです。

そんなラインを見ながら、
あの日のじいさんと友達が重なり、
また泣けてきた。

親の愛情にはかなわない。

きっと親が思うより、その愛情は子供に突き刺さっていると思うから、
泣いても転んでも沈んでも、
きっと娘ちゃんは大丈夫。
昼練もあって、お弁当を食べる時間がない日もあるそうです。
今日はちゃんと時間が取れますように。

友達からのラインに藤色の花。
藤色→葡萄→ママちゃん
からのじいさん。

あれ、
じいさんの話になっちゃった(・∀・)

秋の新作ブレス、ちょっとずつ作ってます。
もちろん500円という安心価格★



Matulikomatulika33 at 17:19│コメント(0)トラックバック(0)

2017年09月05日

107513e7.jpg

7c5fb447.jpg

f1a9da2d.jpg

99a0121e.jpg

秋。
恐ろしい季節が到来しました。

3日(日)は少しだけ早仕舞いをし、友達の誕生日を祝うため牛繁へれっつらごー。
食べ放題コースにしましたが、ニンニクハラミしかオーダーしないどーもマツリ子です。
牛繁のハラミはやわらかく、歯の悪いじいさんも喜んで食べてたっけ。

斜め向かいの席に若いファミリーがおりました。
未就学と思しき男の子2人は
「天国だねー!」
とニッコニコ。
とにかく笑顔が可愛く、微笑ましく見ていたのですが、
あれ?
通路側に座る同じく笑顔の父親の奥、たぶん母親。
ちらりと見えたその顔が恐ろしく冷たい。

瞬きもしない無表情。

その、ひと1人殺してきたみたいな顔に
あー。
って思いました。
秋なのね。
そういえば子供たちも母親には話しかけないし見もしない。
慣れっこなのかな。

母親はきっとメンタル患者さんなのでしょう。
この時期こんな状態になる方を知っています。
目がすわっていて超こえーのですが、彼らはそうやって外に出てきただけで精一杯。
無表情ですが、その心は必死に苦しみと闘っている。

キツいんだろうな。

無邪気な幼子の笑顔と重なり、切なくて何度となくちらりとしてしまいました。

何か力になれないか いやなれない←食い気味に否定。
私なんかには何も出来ない。


小学生から成績がよかったマツリ子ですが、どんなに学校で誉められても100点を取ってきても、
じいさんには必ずお説教をされました。

学歴でメシは食えない。

これは多分、ちょっと頭の良さを鼻にかけていたママちゃんに対するお説教だったのですが、
その話の中、
『人生の落第者』って言葉が元来臆病なマツリ子には痛く、常にビクビクと怯えていたのです。

どうしよー
あたし生きてけんのかな、って。

些細なことに傷つき、些細なことに涙し、些細なことで引きこもる。
表向きはクラスの人気者でいじめっ子をやっつけたりしておりましたが、
本当はとても弱い。
それは自分がいちばんよく分かっていることだから、
今でも私は自分を人生の落第者と思っています。

好きなレコード会社に入社し、営業の販売促進でレコード屋さんをまわること1年半、毎日毎日クレームの嵐で、ついにはどこの店にも行けなくなりました。
店の前まで行って、入れなくて、逃げるように踵を返すの。
会社に戻り、仲良しの営業のデスクの女子に「どうしたの?」って言われたのは、たぶん余程ひどい顔をしていたのでしょう。
階段の踊り場で、
「分かんないけどレコード屋さんに入れないの」って、
初めて泣いた。

あれから、
なんやかんやと長くは働かず、ママちゃんが病弱だったこともあり、家事手伝いとなったのですが、
世間のクソに遭遇する度、
あー私は無理だなー
って思う。
ここで生きるのは無理だなーって。


夏休みが終わると、電車に飛び込む学生さんが増えるそうです。
先日も京成線が止まりました。高校生の飛び込みで。

飛び込む時って多分すっと引き寄せられて、
意外と無心だと思うのですが、
そうなる前の状態、
死に対して震えながら決意する時、
どうかマツリ子を思い出してほしい。

落第者でも何とか48年も生きてます。
幸せだな、って思うことだってあるし、昨夜は牡蠣のクリームシチューが美味しかったです。
初めて豆乳で作ってみたよ?

牛繁の家族だって、
あんなに可愛い子供が2人も。
騒がない、うろつかない、
みんなでご飯を食べているのがとにかく幸せって顔をして、
あれはご両親の育て方の賜物です。

キツいし、しんどいし、お腹痛いし頭痛もするし。

だけど必ずあなたが生きる場所はあるから、
その場所で、楽しくて楽しくて仕方ない、って時間も必ずあるから、

だから生きてみて下さい。

色々あるだろうから、愚図ってもいい。
『前向き』でなくてもいい。
成長しなくてもいい。
しんどい今をなんとかしのぎ、生きているだけで表彰もんです


新入荷のご紹介。
あ、キレイな香りの白檀と、ハスの花のお香、
何年ぶりかでgetできました!






Matulikomatulika33 at 16:02│コメント(0)トラックバック(0)

2017年08月29日

1857e562.jpg

d31c3853.jpg

585434f5.jpg

55a4f6b7.jpg

63cebf52.jpg

親指大の蜂がちょいちょい入ってきて、
(`ロ´;)

もうホント水元サバイバル!
田舎に来たか時代が昭和に戻ったか?
どーもマツリ子です。
逆に、いくらインド香焚いてるとは言え、この夏2匹しかゴキブリ出なかったのも不思議。

そんなワンダーランドを脱出し、遅い夏休みで行ってきたのが那須あたり(←ざっぱ 笑)
福島の白河に友達がおりまして、友達たよりに鈍行乗り継ぎ4時間くらいかけて降り立ったのが新白河駅。

って、さらっと流したけど怖いのよ。
黒磯から新白河までの電車が『ワンマン電車』とかいって、ちょいちょい無人駅があるのよ。なので車内にバスみたいに整理券発券するヤツがあって、無人駅で降りる方は運転士に整理券とお金払ってから降りるらしい。

もうマツリ子ドッキドキ!!

新白河駅は幸い無人駅ではなかったのですが、降りてから自動改札探してどんどん歩いていったら外に出ちゃった。
それじゃSuicaがおかしなことになる!てんで、慌てて戻ると年若い駅員が1人。
「この先に自動改札ないですよね!?」と聞くと、
「ここが改札ですよー」って、
ちょっと訛ってる。
いや、訛っててもいいから私があなたの前をスルーした時、あなたまでスルーしないでよ!
「あ、お客さん!」とか言ってよ!

田舎の洗礼を浴び、
さて駅前。
キレイな花壇、キレイな道路、キレイな待合室は冷房が入っていて、
しかし人間がいない。
銀河鉄道999のあやしい星に降り立った回みたい。
鉄郎ばりにキョロキョロし、なんとなく写メを撮り、友達を待つ。
そう、友達すらいない(笑)
『西口で待っててー』
の友達、まんまと東口に迎えに来たらしい。

予約しておいたビジネスホテルでチェックインだけ済ませ、さて白河観光。

うーん。
徳川家康のよそに作った子供がこの地に来て云々かんぬん。
よく分からないけど桃のソフトクリームはおいしい!
神社を参拝すると、おみくじや御守りがたくさん並んでいるのですが、
またしても人間がいない(笑)
盗む人はいないそうです。
平和やなー。

そこから車をどこだかに走らせ、友達オススメの回転寿司に行きました。
1皿100円じゃないとこ。
回ってるのは湯飲みだけで、大将にオーダーを出すと握ってくれます。

んまいっ!

写メ忘れちゃったんだけど、エンガワ最高! あとボタン海老やかに味噌軍艦やウニや、
何を食べても新鮮でネタも大きくて、
んまかった!!

そこからまた友達オススメの山奥の温泉に行き、ぬる湯の露天風呂に1人でつかる。←ここでも他に人間がいない(笑)

あーあたしここで一晩過ごしてー
ヽ(*´∇`*)ノ

って思うほど心地よく、なんとなくデューク更家のウォーキングなどしてみる。

ホテルに戻り、すぐに就寝。
明日は那須観光なのです。

車で1時間のハズが迷いに迷ってお昼近くに千本松牧場に到着。
マツリ子が小学生の頃、何度か家族旅行で訪れた場所です。
あの頃は何もなかったのにー
と思いながら、用があったのは入口付近の土産物屋さん。あとソフトクリームね。
ソフトクリームは、もうこれは牛乳のかたまりみたいでした!
んまいっ!

お土産物屋さんであれこれ試食し、懐かしのレアチーズケーキもゲットし、 
もう思い残すことはござらんよ。
さ、ささ、
アジアンオールドバザールに行ってみよう!

お客さんや友達や、話には聞いていた、アジアン雑貨の小さなモールみたいな場所。 

まずはインド・ネパールの店。
庭を少しのぼるとタイ・ベトナムの店。
さらに上にバリの店。
レストランもついていて、パクチーが唯一苦手なマツリ子はバリレストランへ。
観光地にしては良心的なお値段で量も多い。ミーゴレン(焼きそば)やナシゴレン(チャーハン)なんかが入ったスペシャルプレートとカシスラッシーをいただきました。

商品はね、軽く偵察(笑)
価格的にはマツリカより高い。←軽くガッツポーズ
しかし何より!
品数が多い!
あーこんなの扱いたいなー
ってモノがいくつかありました。
そうそう、
『お香の種類は日本一』ってPOPがあったけど、マツリカの方が多かった!
問屋さんに言われるんだもの、
マツリカさん、たぶん日本一ですよ!
って。

偵察も終わり、帰りは黒磯の駅まで送ってもらいました。
乗換検索したら、ちょうど上野行きの通勤快速が発車する!
おっ、間に合うか!?
間に合った!!
友達に「ありがとう、またね!」って忙しない挨拶をし、運良く座れ、さて上野まで

2時間半!!

あんな勢いで走ったらタヌキなんか木っ端微塵ね、って思うスピードでしたが、
あれでも2時間半かかるんだもんね。
思えば遠くへ来たもんだー!

さて、お土産です。
今日から配りますのでちらりお立ち寄り下さいね



Matulikomatulika33 at 15:34│コメント(0)

2017年08月23日

あーあ。
今日も見ちゃった、マッシュ店長の夢。

   
これは闘病中のマッシュ。

Gレトリバーはたくさんいるけれど、この子はこの子だけで、もう10年近く前にその命 絶えていて。

夢の中はメチャクチャで、たとえばマッシュ亡き後Gレトリバーを2匹(2回)飼っていて、2番目のマッシュは短命だったと涙するとか、
今日みた夢みたいに、
マッシュが外の犬小屋で犬みたいに暮らしていて、
なんで? マッシュはおうちの子だよ? 忘れちゃったの? かわいそうだよ!
って弟に詰め寄っていたりします。
なので、『マッシュの夢』はマッシュが出てくる懐かしい優しい夢ではなく、マッシュを想って心を痛めているマツリ子、って夢。

夢の質が悪いんだそうです。
寝ている時も頭フル回転で心臓バクバクしてる。


マッシュはたしか8人兄弟でした。

たぶんこんなんだったと想像。

ペットショップの売れ残り、ケージいっぱいに大きくなっちゃった真っ白なGレトリバー。
次々と売れていなくなる兄弟。
無愛想というより人生に絶望した顔で、たぶん本来臆病な性格だったんだね。
目を合わせず、外から見つめるマツリ子をチラッ、チラッ、と見てはドキドキしてそうな。
うちに連れてきた時も30分動かなかったっけ。←石化

病弱な子で、異常な呼吸に夜も眠れず、2日目に病院に連れていきました。
それからあちこちで診てもらった結果、たぶん生まれながらに呼吸器系に異常があるんでしょう。散歩はゆっくり1日20分まで。
そう言われました。

毎月病院に行くほど虚弱だったマッシュですが、手作りご飯を食べるようになってからどんどん元気になっていって、
野菜くず、とりムネ肉、いわし。
圧力鍋で柔らかく煮て、
大好きだったなぁ。

小さい頃から犬が絶えない家庭に育ったマツリ子、
いつか先に逝ってしまうことはよく分かっていて、
だからマッシュが小さい頃から、たくさん遊んで先に寝ちゃうマッシュを見ては
必ず訪れるお別れが悲しくて泣いていたのです。

末期の肺がんで余命数日と言われた後、3ヶ月も生きてくれたマッシュ。
たくさんのマツリカンがマッシュを思い、パワーをくれた。
霊気ヒーリングの出来るお客さんに遠隔ヒーリングもしてもらいました。

『マッシュは今すごく苦しいけど、本当に苦しいんだけど、
でもそれよりも、自分が亡くなった後のマツリ子さんを心配してる』

彼女にそう言われ、
ああ、きっとマッシュはそうだ。この子は優しい子だから。

闘病していた3ヶ月の間に、マッシュの絵と、『はやくよくなりますように』って書いて持ってきてくれた7歳の女の子がいました。
彼女ももう高校2年生。


あれから、
一晩苦しんだマッシュが天国に旅立った朝、
間に合わなかった弟、
午後イチの火葬、
東西線に飛び込みそうになったマツリ子、

あれから9年と7ヶ月。

そりゃ心配にもなるよね、いまだ泣いてるんだから。

けど、
マッシュほど愛情を注いだ命はないから。
あの子は今でも宝物です。


…って鼻水すすっていたらお客さんがサンスベリアの鉢植えを持ってきてくれました。
泣いてばかりいられないよう、何かが私をマツリ子でいさせるんだな。
一緒にいただいたお菓子を食べながら、
よく分からない何かに感謝。



今日から仲間入り、ウツボカズラくんです。



Matulikomatulika33 at 18:00│コメント(2)

2017年08月22日

3b96f235.jpg

6de0aca8.jpg

今月は10日の時点で7Gを使ってしまい、いまや楽天でお買い物すらできません、どーもマツリ子です。
comicoの読みすぎには皆さんも注意★←漫画かい!!

差し迫ってあちゃー!なのがカメっちのご飯。
こいつこいつ、なに考えてるか全然分からない一人相撲のこいつ

なに押してんだ??

日本以外では絶滅危惧種(←いらっとくる!これが変換されないスマホなんざ!)
とされているクサガメのカメっち、通称岩子ですが、
日本でも自然界では雑食のミドリガメ(アカミミ)に押され気味なのは、
こいつすげー頑固で決まったエサしか食わねえんですよ!
岩子で言うと、
テトラレプトミン。
それ以外の『カメのエサ』は絶対食べない。だからどんなに腹が立っても水元公園に捨てられない。
何度もじいさんに「水元公園に捨ててこい」「水元公園に放してこい」「自然にかえしてやれ」
最後にはそれらしく促されたのですが、
もうホント捨てたい!
お前なんか捨てたい!
そう思っても
水元公園にテトラレプトミン落ちてないから!
そう自分に言い聞かせ歯を食いしばってきた訳です。
今日でテトラレプトミンなくなります。いつも楽天で買っているのですがゼロGでつながらないため、明日からの約10日、絶食の刑。
デブなんで1ヶ月くらい食べなくても死にません。ただご飯ご飯!! と騒ぐだけ。

※テトラレプトミン余ってるよ!って方いらしたら、すいません岩子に分けて下さい。

次の休みに亀有アリオまで買いにいけばいいんだけど、
おいら27日(日)28日(月)連休いただき、避暑地に遊びに行ってきますの。
なら30分早く起きてアリオに…
やなこった!
(#`皿´)←ホントに嫌になっている。

今年の夏もはっきりしないまま終わりますね。
適温30度の夏女マツリ子、2年続けて夏負けしました。湿度がパネェ、これが原因。からっとした青空なら大好きなのですが、湿度はいかんよ、湿度は。
脂汗かくほどの腹痛を何度味わったことだろう。
あー
なんか、
あれね。
日本は住みにくくなったね。
もしくは、
マツリ子もおばあちゃんになったね。

古いマツリカンならご存知、懐かしの麻bag復活です。
ヒモの長さはオーダーで変えられまーす。
金町南口の金町餃子、駅前再開発でどうなってしまうんだか…。
いちばん人気の水餃子290円、安定のまいうー






Matulikomatulika33 at 13:56│コメント(2)