2018年07月07日

サイダーバからの帰り、
心地よい風に吹かれながら静かな住宅街を歩いていると、 

あら? いつの間に?

ご近所のお宅の庭に七夕飾りを見つけました。

※往きは空きっ腹で気づかなかったと思われる。

短冊がいくつか下がっていて、何が書かれているのかはまったく見えないのですが、
きっと幸せな言葉が並んでいるのだ。

♪笹の葉さ~らさら~
 んふふふ んふふ~
 おー星さま キ~ラキラ~
 金銀 酢だこ~

  (||:◎)彡   

  ん??

最後に首を傾げながら帰宅。

願い事は、叶わない気がする。叶わないことを第六感的なアンテナで察知するから、
人は願うんじゃないかな?

という訳で何も願いません、今のままがホント幸せ、
どーもチキンハートのマツリ子です。酉年です


お向かいの可愛い女の子(3歳)が、先日仕入れたウッドスツールによく座ってくれる。

18-07-06-12-02-56-756_deco

かわゆい。
ママの踏み台にも使えるが
(なんたってマツリ子が座っても大丈夫!)
やっぱり小さい子によく似合う。

マツリ子にもこんな時があったのですよ。
眉毛ハの字にして、もっさ~~~っとしてたけど。
あ。
もっと小さな頃になりますが、ひな祭り。
そっか、わたくし4月生まれなんで、1歳になる1ヶ月前かな?
姉もいたので、立派なお雛様が飾ってあったらしいです。
ママちゃんが気づいた時、私は最上段にいて、お人形の首はすべて取ってあったらしい。
単調な仕事を黙々とこなす、これは生まれもった性格ですな!

という訳でお雛様は処分、
「だからお前は嫁に行けないんだ」って、
20代までかな、じいさんに言われたの。
30になったらもう…ね!
笑っとけ笑っとけ。

小学生の頃、
9時の就寝後、ベッドの中で目をつむり、胸の上で両手を組み、

『火事になりませんように
 地震がきませんように
 泥棒が入りませんように』

息を止めてお祈りしていた。

息を止めるのはね、息しないと死んじゃうでしょ? だから、命の素を神様に捧げて、どうか願いが叶いますように!って。

そんな風にママちゃんに説明すると、ニッコニコの笑顔で「えらいぞ!」って誉めてくれた。

※ママちゃんは、男の子にも負けないおてんばさんで、だから「えらいね」なんて言わない、「えらいぞ!」なのです。

なかなか可愛い子供時代だった気がします。

どうして曲がっちゃったのかね。みんな可愛かったハズなのにね。麻原彰晃だってね。


マツリカンで、大好きな方がいます。
ママちゃんが亡くなった後、少しおかしなことになったマツリ子をサイクリングに誘ってくれた。

「店なんかいいから、ほら、行くよ!」って。

(いいんかい!)

金町からのんびり柴又に走り、江戸川土手にあがる頃は夕焼け空も東から暗くなってきていて。
鉄橋を常磐線がガタンゴトンとリズミカルに渡っていく。

「もっと暗くなると、あれが銀河鉄道999に見える」

そう言う背中と電車を、ぼんやり眺めた夕暮れ。

それから閉店後になると、私は江戸川土手に行き、ひとり銀河鉄道999をぼんやり眺めました。

数日後、大好きなその方にメールしました。

『外から見たら999かもしれないけど、中に乗っている人は、疲れ果て、ボロ雑巾みたいになって、明日もまた仕事だ、って、やっとつり革につかまってるんだ』

すると、

『そんなことないです。みんな誰かのために頑張ろうと、一生懸命なんです』。


昨夜、
その方にちらっとLINEすると、夜23時過ぎに返信がありました。

『ぎゅーぎゅーです』

???

『電車、混んでます』

『金曜日だからですかね?』

自宅自営のマツリ子は、通勤の過酷さを知らない。終電なら混んでいても、23時過ぎなんて華金でもなけりゃ空いてるハズ。
そう思ってました。

『毎日です』

うわあ、お疲れ様です!!

『きっと、平和だからです』


仕事でクタクタの満員電車。混んでいるのは、
『平和だから』。


あの頃、
誰かのために一生懸命といったこの方を、
ぬるい!
と思った。

けど今、
世の中がみんなこんな優しさで溢れていたら、
もっと笑顔が増えるのにな。
マイナスな感情なんて吹き飛ぶのにな。


お向かいの女の子が、ウッドスツール座りに興奮したのか、
スカートをまくりあげ、パンツ丸出しダンスを披露してくれました。

その様子がおかしくておかしくて、お腹かかえて笑っちゃいました。

そんな、なんでもない平和な日常が、
ずっとずっと続きますように


Matulikomatulika33 at 15:48│コメント(0)アジアン雑貨 | つれづれ物語

2018年07月05日

日曜日にカチンときて(前回記事)、
くそっ、くそっ、と言いながら夜散歩をしていたら胃痛をおこし、
その夜、怒り冷めやらず深夜の丑三つ時にブログを書き、
そしたら翌日月曜は下痢ですよ。
せっかくのお休みが下痢ですよ。

気が強いのにメンタル弱い、どーもマツリ子です。
腹痛にトイレに駆け込み、やはり「くそっ!」←下痢だけに?
とか言ってるくらい、気が強い。

まぁいいの、そんな自分が好き
 ↑
これ大事


アジアン雑貨屋らしく、久々に雑貨の新入荷です。
プランターやチャイムやフック、
そして今日はウッドスツールが届きました!

共通点は、『プラスα』。

マツリカンに聞くとね、モールに入っている大きなアジアン雑貨店も、どんどん衣料品が増え、雑貨スペースが小さくなっているようです。

でしょうね!

だって雑貨の時代じゃないもの、完全に。
民芸品(木彫りの置物など)を、

「これ、なんですか?」

って聞く人は、たしかに以前からいた。
理数系の方に多かった。
今は、

「置物ってなに? 美味しいの?」

って感じ。

アジアな雰囲気を出す、使える雑貨。
じゃないと売れない。

とは言え単なる置物もうちは仕入れますけどね、雑貨屋だから。


プランター、
何か思い出しませんか?

18-07-04-14-30-14-413_deco

ほらほら、日曜日。
上下のココナッツに挟まれ、タマがケツ振ってません?

そう、
サザエさんのエンディング★

見るたびニヤニヤしとります。


オウムのチャイムはね、

18-07-04-14-22-31-437_deco

これオウムいらなかったの。チャイムがとてもいい音だから、チャイムだけが欲しかった!
が、ない!
ゆえの、オウム。頑張って安くしてます!


ロータス(ハスの花)フックは再入荷です。

18-07-04-13-52-29-275_deco


インドからは、ヤンピー(ヤギ革)の小銭入れ、お値段もかわゆいタペストリー、ハートのベル

18-07-04-14-05-43-990_deco
18-07-04-14-10-12-155_deco
18-07-04-13-06-29-320_deco


そしてそして、
タイのウッドスツール!!

18-07-05-12-41-45-640_deco

かわゆい!
目に入れたい!
フラミンゴ、ライオン、キリンさんにカエルもちらり。
こちら、お子さまの椅子だけでなく、踏み台にもなりますゆえ、ママの聖域・キッチンの片隅に置いても良いかと!
昭和の筆箱のCMじゃないけれど、
象(マツリ子)が乗っても大丈夫!!

楽天でウッドスツールを検索すると3,000円ちょっと。安くて2,800円。高いと3,800円。
問屋さんが違うし、デザインも違いますが、仕様は同じです。
で、うちのがいちばんかわゆい


すべての商品、LINE@の『お友だち』様なら10%オフになります!
ご来店と同時に『お友だち』追加できますが、行く前にどんな商品があるか見たい!という方は、
LINEの右端(Android)『その他』で『公式アカウント』ぽち。
虫眼鏡マークで『金町』検索。
出てきた『MATULIKA』ぽち。
で、お友だちに追加して下さい。
タイムラインに商品たくさん載ってます!

※ウッドスツールなんか2,160円になっちゃうんだぜ★ (*゚∀゚人゚∀゚*)♪


Matulikomatulika33 at 16:36│コメント(0)アジアン雑貨 | 新入荷★

2018年07月02日

だいたい商売なんてのは、
正当なトレードに他ならない。
それに見合うお金を納得して消費者が支払うだけの話で、そこに上下関係なんてあったらおかしいのだ。

とは言え、
‌マツリカン
どーもマツリ子です。


同業の先輩店というのは、私がマツリカを始める前に好きで通っていたお店です。

2004年の正月3日、

しっかし暇だなー
店でもやるか!

そんなノリで始まった店舗探し。
契約の時に不動産屋さんに聞かれました。

「もう仕入れ先なんかは決まってるんですか?」

「ええ!」

にっこり笑顔で大嘘こいて、それから慌てて問屋なる店を探す始末。

気になる雑貨屋に入り、問屋を教えてください、という。
まずは綾瀬駅から。
しかし門前払いを食らいに食らい、吉祥寺駅まで行っちまった。

吉祥寺の雑貨屋でもどこも教えてくれず、
当時西荻にあった先輩店に疲れ果てて辿り着く訳です。

「応援しますよ、卸し、やりますよ!」

そう言ってくれた通称バリのオヤジ。

マツリカを始めて、バリのオヤジには何度か言われました、
「マツリカさん、強気ですねえ!」って。

それは値段。

いくらで仕入れた商品をいくらで売るか。

「僕なんか○○円ですよ」

「いえ、この商品に○○円は可哀想です。私は××円でいきます」。

そんな調子でお客さんも選んできました。

商売をする上で気分が悪いと思われる客は、
客にあらず。
来なくていい。

たとえば
「2つ買うんだから負けてよ」って最初から言ってきたばばあ。
金町に移転してからその手のばばあ共を排除するのに1年かかりました。
開けようとした扉を内側から閉めた時もあった。

「買っていただかなくて結構です」。

そんなんで14年。

そのやり方で商売として成功しているかといったら、
皆さんご存知のように数字的には惨敗です。
が、
わたくし幸せであります!

気持ちの良い、空気の良いお客さんに囲まれて、
みんな大切な友達です。
ご来店いただくだけで嬉しくなります。

我が人生に一片の悔いなし!
      by ラオウ


サイダーバを、
どうにかしたいな、と思ったのは、
パパのカレーが大好きだから。
パパとママが大好きだから。
1日でも長くサイダーバのカレーを食べていたいから。

自分に何が出来るか。

毎日行くほどの余裕はない。
つまり金もない。←残念!
けど、
時間ならたくさんある!
幸いPOP作りには少し自信もある。

だけど、サイダーバはパパの店。お店はオーナーさんの聖域です。
出すぎちゃいけない。
それはいつでも胸にあります。
だから何かを始める時、必ずパパに相談します。

こんなことをやってみたいんだけど、どうですか?

パパが頷いてくれれば、やる。
うーん…と悩むようなら、やらない。

今日もまた1つ、提案してみました。
それは店舗内のこと。
お客さんの目に入る箇所。
お金はかからないけど、どうかしら?

したらね、
キレイにしたいのは山々のよう。
だけど、

キレイにしたのか、金があるのか、じゃあ自分が食べに来てやらなくてもいいだろ。

そんな風に捉える人もいるようで、
「もう何ヵ月も来てくれてない」と。
1人2人じゃないような感じでした。

ハッ、ちいせえなー!!

内心思いながら、話を聞いておりましたが、

「私ならそんなお客さんはバッサリ切っちゃう、いらない。私はね?」

口が勝手に言っていた。

「けど、ここはパパの店だから、パパがやめといた方がいいかなぁ、って思うならやらないよ?」

パパは優しいから、
そんな客でもパパのカレーを美味しいって食べてくれた過去があるなら、
きっと感謝の気持ちでいっぱいなんだ。
いつまでも、いつまでも。

けど、
なにそれ。
同じ日本人として恥ずかしいわ!

自分がいなくてもやってけんだろ?
って、
ちがうわ、あんたこそパパのカレーが食えなくても生きていけんだろ。
実際生きてけてんだ。
なら食わなくていいわ。

人間は愚かだから、
頭を下げられたら自分が偉いと勘違いしてしまう。
上下関係を作ってしまう。
だから、の冒頭。

商売は正当なトレード。

パパの技術と、腕と、食材の良さと、
それに見合うお礼を『お金』という形にしているだけ。

美味しいカレーをありがとう。
こんなに幸せな気持ちにしてくれてありがとう。

サイダーバには、感謝しかないのです。


くそっ、くそっ、
って言いながら夜散歩をしていたら胃が痛くなっちゃって、決めたコースをショートカットしてきました。

少し辛めにしてもらったエビカレー、
すごく美味しかったのに、

18-07-02-00-03-05-643_deco

なにこのセンスない残念なアングル


Matulikomatulika33 at 01:30│コメント(0)アジアン雑貨 | 出た、マツリ子節!

2018年07月01日

閉店後、
夕飯の後に少し休んでから、夜散歩に出掛けてます。
お腹痛くならないように、夕飯の量も少な目。

つったら秋には
ぼんっ、きゅっ、ぼんっ!!

※予定は未定


マツリカから理科大に向かってバス通りを行き、奥のコニーの変な信号を右折すると、
東の空の低い位置に、まだ満月に近い真ん丸の月が見えました。
西に曲がって東の空が見えたのは、私が振り返って見ていたから。
コニーを。

あの建物を作ったのはじいさんです。

うちは工務店でした。
じいさんの仕事を見て、頼ってくれるお客さんが何人もいました。

Mさんは、
長いことパン屋さんでした。
パンを焼き、朝早くから車で移動販売し、こつこつ貯めたお金を頭金に、今のコニーの場所に新築を建てたのです。

1階は広い店舗。
パン屋ではなく、長年の夢だったバイク屋さん。
開店セレモニーには家族みんなで行きました。
私はたしか高校2年生でした。
○○モータースのお偉いさんとやらが来ていて、Mさんは満面の笑顔。
当時250ccのバイクに乗っていた姉も長野の大学から帰ってきていて、

「なんか欲しいものあるか? ヘルメットか?」

なんてじいさんに言われ、
とにかくあの時、
あの場にいた大人全員が笑顔だった。

頑張って働いてローン返さなきゃ!

って、Mさんは豪快に笑った。

1週間後だったでしょうか。
夜、電話が鳴りました。

Mさんが仕事の帰りにバイクで事故を起こし、帰らぬ人となったのです。
病院に駆け付けたじいさんはうなだれて帰ってきて、

「油に汚れた手がベッドから出てた」って。

可哀想になぁ、
あんなに働いて働いて、やっと店が持てたってのになぁ。

翌日私は部活のライブがあったのですが、ショックで朝から誰とも話せず、
「なに怒ってんの?」と聞かれる始末。
ライブのMCで、私はMさんの話をしました。
1つ100円くらいのパンを朝から焼いて、1日かけて売って歩いて、
夢は諦めなければいつか叶う。
亡くなってしまったけれど、Mさんの分も、私もずっと夢を抱いていたい。

たしかそんな内容。
ううん、そんなのどうでもいい。
ただ、
悲しかった。

交通事故で突然逝ってしまったから、Mさんの魂はまだ店にあるのかもしれない。


高州マツリカだった3年と3ヶ月、ただただ楽しくて、1年で休んだのはたった数日。
あの日のMさんの笑顔と重なる日々でした。
建物取り壊しの立ち退きで閉店となったのですが、最後の日、閉店後に3時間泣きました。

シャッターを開けたらコンクリートの床と窓が2ヶ所あるだけの、車庫みたいな店舗。
駐輪場と店を区切る壁を弟に作ってもらい、ドアを付け、
マツリカは出来上がりました。

初めて持った自分の居場所。
集まってくれたお客さん。
思い出がたくさん詰まった店舗とお別れするのが悲しくて淋しくて、
涙は後から後から溢れてきました。

今、水元に移転し、高州の頃の熱い愛情があるかと言ったら、答えはNO。
あの頃は、
マツリカを好きでいてくれるお客さんがたくさんいたけれど、
いちばん好きなのは私ですから!
いつもそう思ってた。

今は少し考えてしまう。

けど、
自分の店を持つってこと、
それは持った人にしか分からない感情じゃないかな。

我が子のように愛しいモノなのデスヨ。


サイダーバのパパに、
もう二度と自分の店を手放す苦しみを味わわせたくないから、
今あれこれやってます。
魂がさ迷わぬよう、きちんと完結するよう、
今の場所に骨を埋めてもらいたい。
その為に私が出来ることを
これからも探していきたい。

きっとコニーの前を歩く度に、
きっと何度でも振り返って、Mさんの想いを噛み締めて、

頑張るぞ!

って、そう思うんだ。
少しの涙と一緒に、そう誓うんだ。


あっ。
ここ何年かで1番惚れた商品、おもしろイヤホン、

1530364698573

お陰様で
インド人:10(残2)
大仏:5(残1)
売れました!

やはりマツリカは動物とインパクトだな。
ニヤリとする、どーもマツリ子でした。


Matulikomatulika33 at 01:05│コメント(0)アジアン雑貨 | つれづれ物語

2018年06月27日

猛暑でうなだれてしまったマツリカやつで。
水はたっぷりあげてみたが、、、と様子を見ていると、

「おむかいのおばちゃーん!!」

背後で声がしたのですが、
『おばちゃん』??

振り向くと、私道の入口あたりから、お向かいの3歳の女の子が猛スピードで三輪車をこいできます。
三輪車ごと左右に揺れるほどの勢いで、満面のどや顔。

暴走三輪車に笑いながら、
「あ、おかえりー!」って手を振りながら、
 
おばちゃん??

言われ馴れていない言葉について緊急脳内会議です。

30歳そこそこと思われるお若いご両親と3歳の女の子。
マツリ子49歳。
下手しなくてもご両親の親世代。

Σ( ̄□ ̄;)!!

私道の皆さんが御高齢なのもあって、ママさんとまるで同年代のように思っておりましたが、
女の子に間違って「ばぁば」と呼ばれてもおかしくないんだ!!

そうか、そんなばばあになってたのか!

で、ばばあ、
調子に乗った朝散歩で髪が傷んだ模様。
だよね、10時30分出発で帽子も無し。私も暑かったが髪も焼けてた。
手触りが切れ毛っぽくなり、シャンプーでおさえていたクセも前髪あたりにひどく出てきて、
これは縮毛矯正の出番だ!

もうね、ホント嫌なの。
前髪が
∬∬∬∬∬
 ↑
こんなんなってるのはホント耐えられない!

という訳で、
金町で美容院を探しました。
1年前にお世話になったところは良かったけれど、12,000円くらいしたんだよね。
もちっと安いとこ。

9,180円?
ほほう。
ややっ!! 8,500円!?

しかし8,500円は1週間先まで予約でいっぱい。
ん?
前髪だけの縮毛矯正なら4,500円?

どんどん予算は削られ、1週間後の月曜日に4,500円コースの予約を入れました。

1週間。

意外と気短なマツリ子。

1週間。。。

ちょうどその日、池袋の一二三堂(漢方薬局)に行く予定で、

あっ!!

池袋で美容院を探してみたのですよ!
したらね、
カット&縮毛矯正で5千円の店が2店←もっとあるかも。たくさんありすぎて全部は調べてません

しかし5千円の店はさすがに明日以降しか空いていない。
で、見ていくと、
ふむふむ、なかなか良い感じの店。
で、

カット&縮毛矯正、6千円!

優雅なんこタイムのトイレから、ぽちっと予約を入れました!
2時間後です!

黒一色の美容師さんがいそうな店は、やはり普段着では気後れします。
カジュアルな店がいい。
カジュアルでも、
『20代30代の女子に云々』てな店には行けない。

あたいやや50歳だもの。
    まつを。

支度をし、自転車で金町まで。電車に揺られて池袋に着くと、まず一二三堂。
お薬を調合してもらうのに時間がかかるので、
変わりなしの同じ薬を3ヶ月分、と頼み、
「2時間後くらいに来ます」。

Googleマップで美容院を探すと、徒歩4分とのこと。
少し迷いましたが無事到着。
で、2時間。
カットしたり、液つけたり、洗ったり、乾かしたり、
20代後半とおぼしきお若いお洒落メガネ♂にずっと髪をいじってもらい、

ばばあ御満悦!

用意してくれた雑誌も読まずにボーッとしていたら、

「あ、雑誌、違うのに変えますか?」

「いえ、いいんです。ボーッとしてるの好きなんで。誰かに頭を触ってもらうのって気持ちいいし」

なんか生活疲れした台詞を吐いちゃいましたが、

池袋、オススメですよ!!


という記事を(これ)
書くにあたり、画像を何か載せようかな。
と思いきや。

えっとね、
いま使ってるこのクソスマホ、容量が9.4GBしかないの。
普通、14GBくらいはあるから、11GB使ってもサックサク。
けどあたいは8.7GBで、アプリのアップデートも出来ねえ。
もちろんツムツムあたりのスマホゲームは遠い昔にアンインストール。Facebookだって『Facebook Lite』ってアプリに変えた。

という訳で、
容量を減らすべく、数日前に画像をすべてSDカードに移行したのですよ。

※SDカードに移行、って機能もないので、ファイルマネジャーってアプリをインストールしてあります

何百枚と移行した画像が、
先程見たらゼロに。
SDカードに移行したハズなのに、昨夜までは入ってたのに、
一夜あけたら全消。

意外と気短なマツリ子、なのですよ。

スマホぶっ壊そうかと思いました

マグマのように燃える熱い苛立ちが胸の奥で沸騰中。
おさまるまでアクセサリー製作もできません。

くそっ!

18-06-23-19-53-00-914_deco
こんなクソどうでもいい画像しか本体には残ってません。
サイダーバのチラシを作るために撮った写真の数々が、ホント悔しい!

auの『データお預かり』に今年1月分までは入れといて良かった。
月々300円をケチらず良かった。

本体から削除する前にまた預けときゃ良かった(泣)


Matulikomatulika33 at 14:31│コメント(0)つれづれ物語 | ばばあだもの。