2017年05月12日

89b7f4f2.jpg

528ba936.jpg

0015746f.jpg

a31165ae.jpg

ee0d3d21.jpg

たまらなく眠いのでビログ更新。ね、ビログとか書いちゃってるし。

母の日かぁ。
母はいないし義母もいないし、母でもないどーもマツリ子です。あきんどとして関わるしかねー。

ママちゃんが亡くなった後、
あれ? あの宝石箱の金目のお宝はどうしたんだろう。いや売っちゃった気がする。
残ったのは、たぶん弟あたりが日光修学旅行で買ってきたチープなネックレスと、ママちゃんがマツリカで買ってくれたウッドネックレス。
古い友達を呼んで、2人でマツリカに来て、あの頃ママちゃんはすでに在宅酸素療法で常に酸素ボンベを携帯していて、
でも、歩いて来たのかな。
水元公園の先の三郷市高州。
忘れてしまったけれどまだまだアクティブだった。
すげー。13年前よ?亡くなる6年前の話です。

娘の店。
すごいでしょ、うちの娘。

顔に『自慢』と書いてそうなほど得意気に、

ほら、いいものいっぱい。

使いもしないくせにネックレスや髪どめなんかをさりげなくお買い上げ。

娘の店なのヽ(´ー)ノ

そんな感じ。

やべー泣きそう。

母の日は、たぶんプレゼントなんて小さなモノでいいんです。使わないモノを贈っても…なんて悩まなくてもいいんです。
大切に大切に、たまにチラリ見てニヤニヤして、死ぬまでずっと宝石箱の中にしまっておいてくれる。

宝石じゃなくともお宝なんだよね。

オルゴールのついたママちゃんの宝石箱は、


ある日じいさんがゴミに出した(爆)



Matulikomatulika33 at 16:40│コメント(0)トラックバック(0)

2017年04月22日

03c7690b.jpg

669be6fd.jpg

e1869df1.jpg

1b24aab8.jpg

茨城の従兄弟の兄ちゃんがタケノコを送ってきてくれました!
タケノコ大好き、どーもマツリ子です(о´∀`о)ノ
水煮とか認めねえ、甘さとしゃきしゃき感、これこそタケノコの定義!

※真ん中はしいたけ(裏返しの巻)

去年も4月の終わりに茨城に行き、JAショップでタケノコを買ってきたのですが、今年も4月30日(日)に行くこととなりました。月曜定休ゆえ、~翌5月1日、連休となります。
たまには田舎の空気を吸いたいもんだ。
田舎てか、南水元4丁目以外の空気?
ホント引きこもりになりまして、定休日の月曜日も今まで何をして過ごしていたんだろ?まったくハテナです。

先日は押上に仕入れに行きました。
夢の丘さんです。
トップ画はその時に卸していただいたラジャスタンの民俗画です。掛軸仕立てで大1,700円・小1,200円。安っ!
インド北西部のラジャスタン州は『王の国』、マハラジャと美女の画ばかりです。タケノコくらい大好物な細密画の原点は、この民俗画…
らしい。
ちょっと適当(笑)
ラジャスタンについて調べたのですよ。街の風景、古城、空の色…

空気が違うんだ、ってサイダーバのパパは言っておりました。

サイダーバはマツリカから徒歩2分の美味しいインドカレー屋さん。トップ画2・3は最近の写メです。

パパが言うようにホントに空気が違うんです。
1度だけ行ったことのあるインド。画像を見ているとあの時の空気が蘇ってくる。
ムッとくる生暖かさは心地よい程度。まぶしいほどの日射しも木陰に入れば涼しくお昼寝したい。家々の軒先でお香を焚くママン。キレイな色合いのパンジャビを着てジロリと外国人を見る。道端の牛のうんこ、デコボコの石畳。
都会に移れば車のクラクションがけたたましく続き、排気ガスと緑と小鳥の共演。

こんな国のあちこちを、夢の丘のオーナーさんは旅して歩いたんだなぁ。
歴史の重みが違う。
買い付け、仲良しのサリー工場。
金町で一生を終える予定のマツリ子とは重みが違う。
外国に行っても日本語で押し通すし、まずパスポート切れてるし。
必ずお腹壊すし、でも元気だし(笑)

キレイなモノを求めてあちこち旅する人は、『ここ』にいることを窮屈に思わないのだろうか。
いや、違うか。
旅人は帰る場所を大切にする。窮屈に思えばまた旅に出ればいいんだ。

てな訳でマツリ子も旅に出てみます、茨城だけど。パスポート切れてるから茨城だけど。

インドの pureSILK スカーフ、390円★(トップ画4)
シルクは汗のにおいも残らないし、押し洗いすれば自宅でお洗濯できるし、
紫外線の強くなるこれからの季節にオススメです。
てか、キレイだしね!



Matulikomatulika33 at 18:05│コメント(0)トラックバック(0)

2017年04月12日

f3fd80cb.jpg

389e4891.jpg

b98824b2.jpg

703828b7.jpg

c55c84d9.jpg

あまりよく覚えていないのですが、ヒンズー教のドゥルガーという女の神様。ライオンにまたがって笑いながらオッサンを成敗している手がいっぱい生えてるアレ。
彼女は恐ろしいモノを司る神様とかなんとかで、その恐ろしいモノの中に『時間』があります。
時間は絶対、1秒だって前には戻りません。
わいこー!
…てなお話を幼児のように可愛くなっていたママちゃんにしたことがあります。
「うん、ほんと!恐いね!」
何かを覚ったように頷くママちゃん。

4月11日に48歳となり、もう今日はプラス1日。
だから1日1日を大切に生きようよ、なんてどっかで借りてきたような台詞は吐きません、どーもさすがマツリ子です。
寝てたっていい、飽きたら起きるわ。

誕生日の1日前、10日はママちゃんとじいさんの結婚記念日でした。
いやいや、臨月で式にのぞんだ訳ではありません、マツリ子次女なんで。

金町にマツリカがあった頃、年に何度かどこぞの八百屋が段ボール抱えてフルーツを売りにきました。
あれはいつだったろう。
「新種の葡萄、すごく甘いんで良かったらどうですか!?」。
ママちゃんは食いしん坊で、小学校低学年の頃、「食べたいなー!」て思いから描いた葡萄の絵が先生にとても誉められたそうです。
葡萄を食べる度にそんな話を聞いていたので、その新種の葡萄をオイラ買って帰ることにしました。
クソ高かった記憶があるのですが、日本にまだ入ってきたばかりの品種だったので仕方ない。
それよりその葡萄はホントに甘かったからママちゃんが喜んで喜んで。
だから「全部食べていいよ」って。
2、3個だけ味見して、あげちゃいました。

10日は月曜日でマツリカはお休み。
休みの日にたまにマルエツを覗くのですが、入ってすぐのフルーツコーナーにあの葡萄を発見!
しかも安っ!
悲しいほどに安っ!

あの頃高級だった新種の葡萄も、長い時が流れたんだな、こんなにお手頃になって。

仏壇に供えました。



じいさんの好きなモノはいらんのです。
ママちゃんが喜ぶ姿を見るのがじいさんは好きだったから。

桜も散ってきたのでおセンチモードも切り替えなくてはね。

ちょいちょいマツリカ探検に来てくれるマツリカンが出てきました。って、ごめんよ毛虫みたいに(笑)
ハニーバニラカモミールティーも今日は Cold!
お近くにお越しの際はお立ち寄り下さいまし、新入荷続々です。





Matulikomatulika33 at 20:57│コメント(0)トラックバック(0)

2017年04月09日

『ラブラブタイマー・恋人が出来るまであと何時間?』
てな診断で時間ではなく『error』とでました。
『ごめんなさい、無理です』
とかいらんから!謝らないでよ、ぷんぷんしくしく…
どーもマツリ子です。
しかし本当は恋人とかいらんかなぁ、と思います。

振り返ると、
ひとつの疑問を答えが出るまで延々考えるのはもって生まれた性格かと。
『考えるマツリ子』像を誰か製作してくれないかしら。


なぜ生きるのか。

そう考えたことはありますか?

23歳の秋、病弱なママちゃんを助けるべく家事手伝いになることを決めました。きっとママちゃんは70くらいまでしか生きないだろう、30歳違いの私はその時40歳。
好きなことは40歳から始めればいい。

そう決意したものの、外出はスーパーばかりで家に閉じこもりがちな毎日。
少しずつ病んでいきました。
あ、24歳の1年間は人里離れた山の上の牧場に逃げたわ(笑)
他の山々を見下ろす場所で生活し、出た答えはひとつ。

逃げられないんだ。

空を飛べる訳でもない。何かを求めてこんなとこまで来てみたけれど、

逃げられないんだね。
おっし、了解!

何から逃げていたかと言えばたぶん生きること。

20代は毎日たくさんのことを考え、悩み、立ち枯れた街路樹に涙したり、自分の手の血管を見てポエムを書いてみたり、
そりゃもう苦しみました。
脆弱な精神と、相反する力強い生命力。

血が流れる。
かさぶたが出来る。
生きようとする身体。

うまく説明できないけれど切なくて。

なぜ生きるのか。

そんな過敏な時期に何日にも渡って考えた。

答え:生きるため

なぜ生きるのか。
そこに『死』という選択肢がないことに気づいたのです。

本当は生きたいんだな。
だけど同じくらいツラい。
出口が見えない。光が見えない。
答えは本になんか書いてなくて、自分で見つけなくちゃならない。

牧場にいた1年でやっと吹っ切れた私は、40歳を待たずにマツリ子となる訳ですが、
今でもツラい時、
なぜ生きるのか、生きるために生きるんだ。
などと繰り返しています。

屁したことで生きることを放棄したくなる。極度の面倒臭がりなので、
あーめんどくせっ
もういーや!
って。

♪生きなくちゃー
 背を伸ばしー
 まっすぐいかなきゃー

20代の頃の友達の歌を口ずさむことが多い今日この頃。
誕生日付近は小さい頃から毎年こんなんです。

おめでとう48歳
頑張った48歳
もう少しだ48歳

友達が1週間早いお誕生日をしてくれました。
姉と姪っ子が少し早いお誕生日をしてくれました。



頑張れ48歳!
くそっ!
ちっ、くそ、くそ!!



Matulikomatulika33 at 19:37│コメント(0)トラックバック(0)

2017年04月04日

f3977be0.jpg

9361a14f.jpg

e8b37128.jpg

76ca3f77.jpg

岩子(カメっち)がまだ冬眠中でちょっと気になり始めたどーもマツリ子です。
あ、生きてますよ、陽の当たるバックヤードで!

バックヤードと言えば。

衝動買い。
…て訳でもないのですが、最近大きな仕入ればかり続けておりまする。
吟味して、安くて可愛い、おまけに需要があると思われる商品ですが、いくら場所があるからってバックヤードがパンパンです。
今日から『春のコーン香祭り』を開始しましたが、


近いうちに『Tシャツ祭り』も予定しています。
すげえ可愛いインドのTシャツを21枚仕入れてあります。税込1000円で出そうと思っております!
(≧∀≦ ≡ ≧∀≦)ウヒャ!

タイのチークで出来たスツールを仕入れたのですよ(トップ画像1)
もうすごく気に入りまして!
ライン公式アカウントのお友だち登録をしている方なら10%オフの2070円でゲットできます。
安くね!?
…まぁ気に入るか否かなのですが、私これ部屋にあったらどんなに怒っている時でもニヤニヤしちゃいます。

とはいえ、お部屋がもういっぱいの方には
『欲しいけど無用な物』となり、
例えばベッドカバー。
150cm×225cmの布。
あれも2枚あればいいよね?
しかし可愛いデザインが山盛り。
となると。
新規のマツリカンを探さなくてはなりません。
そっかー。
うーん…。

キラリ★他力本願★

マツリカにはアジアンではない商品もあるので、ちょっとお洒落さん、ちょっと変態さん(笑)、
そんなお友達を連れていらしておくんなまし。
タイコットンのざっくり編みスカーフやバリ島のネックレス(トップ画像2・3・4)、お手頃価格でご用意してあります。

あとお願い。
てか、お願い第2弾(笑)
お時間のあるマツリカンは1時間でもゆっくり店内をうろついて下さいまし。あやしくなんかありません。

マツリ子がそれを望んでいるのだ!
ジャジャーン!!



Matulikomatulika33 at 16:16│コメント(2)トラックバック(0)