2017年04月12日

f3fd80cb.jpg

389e4891.jpg

b98824b2.jpg

703828b7.jpg

c55c84d9.jpg

あまりよく覚えていないのですが、ヒンズー教のドゥルガーという女の神様。ライオンにまたがって笑いながらオッサンを成敗している手がいっぱい生えてるアレ。
彼女は恐ろしいモノを司る神様とかなんとかで、その恐ろしいモノの中に『時間』があります。
時間は絶対、1秒だって前には戻りません。
わいこー!
…てなお話を幼児のように可愛くなっていたママちゃんにしたことがあります。
「うん、ほんと!恐いね!」
何かを覚ったように頷くママちゃん。

4月11日に48歳となり、もう今日はプラス1日。
だから1日1日を大切に生きようよ、なんてどっかで借りてきたような台詞は吐きません、どーもさすがマツリ子です。
寝てたっていい、飽きたら起きるわ。

誕生日の1日前、10日はママちゃんとじいさんの結婚記念日でした。
いやいや、臨月で式にのぞんだ訳ではありません、マツリ子次女なんで。

金町にマツリカがあった頃、年に何度かどこぞの八百屋が段ボール抱えてフルーツを売りにきました。
あれはいつだったろう。
「新種の葡萄、すごく甘いんで良かったらどうですか!?」。
ママちゃんは食いしん坊で、小学校低学年の頃、「食べたいなー!」て思いから描いた葡萄の絵が先生にとても誉められたそうです。
葡萄を食べる度にそんな話を聞いていたので、その新種の葡萄をオイラ買って帰ることにしました。
クソ高かった記憶があるのですが、日本にまだ入ってきたばかりの品種だったので仕方ない。
それよりその葡萄はホントに甘かったからママちゃんが喜んで喜んで。
だから「全部食べていいよ」って。
2、3個だけ味見して、あげちゃいました。

10日は月曜日でマツリカはお休み。
休みの日にたまにマルエツを覗くのですが、入ってすぐのフルーツコーナーにあの葡萄を発見!
しかも安っ!
悲しいほどに安っ!

あの頃高級だった新種の葡萄も、長い時が流れたんだな、こんなにお手頃になって。

仏壇に供えました。



じいさんの好きなモノはいらんのです。
ママちゃんが喜ぶ姿を見るのがじいさんは好きだったから。

桜も散ってきたのでおセンチモードも切り替えなくてはね。

ちょいちょいマツリカ探検に来てくれるマツリカンが出てきました。って、ごめんよ毛虫みたいに(笑)
ハニーバニラカモミールティーも今日は Cold!
お近くにお越しの際はお立ち寄り下さいまし、新入荷続々です。





Matulikomatulika33 at 20:57│コメント(0)トラックバック(0)

2017年04月09日

『ラブラブタイマー・恋人が出来るまであと何時間?』
てな診断で時間ではなく『error』とでました。
『ごめんなさい、無理です』
とかいらんから!謝らないでよ、ぷんぷんしくしく…
どーもマツリ子です。
しかし本当は恋人とかいらんかなぁ、と思います。

振り返ると、
ひとつの疑問を答えが出るまで延々考えるのはもって生まれた性格かと。
『考えるマツリ子』像を誰か製作してくれないかしら。


なぜ生きるのか。

そう考えたことはありますか?

23歳の秋、病弱なママちゃんを助けるべく家事手伝いになることを決めました。きっとママちゃんは70くらいまでしか生きないだろう、30歳違いの私はその時40歳。
好きなことは40歳から始めればいい。

そう決意したものの、外出はスーパーばかりで家に閉じこもりがちな毎日。
少しずつ病んでいきました。
あ、24歳の1年間は人里離れた山の上の牧場に逃げたわ(笑)
他の山々を見下ろす場所で生活し、出た答えはひとつ。

逃げられないんだ。

空を飛べる訳でもない。何かを求めてこんなとこまで来てみたけれど、

逃げられないんだね。
おっし、了解!

何から逃げていたかと言えばたぶん生きること。

20代は毎日たくさんのことを考え、悩み、立ち枯れた街路樹に涙したり、自分の手の血管を見てポエムを書いてみたり、
そりゃもう苦しみました。
脆弱な精神と、相反する力強い生命力。

血が流れる。
かさぶたが出来る。
生きようとする身体。

うまく説明できないけれど切なくて。

なぜ生きるのか。

そんな過敏な時期に何日にも渡って考えた。

答え:生きるため

なぜ生きるのか。
そこに『死』という選択肢がないことに気づいたのです。

本当は生きたいんだな。
だけど同じくらいツラい。
出口が見えない。光が見えない。
答えは本になんか書いてなくて、自分で見つけなくちゃならない。

牧場にいた1年でやっと吹っ切れた私は、40歳を待たずにマツリ子となる訳ですが、
今でもツラい時、
なぜ生きるのか、生きるために生きるんだ。
などと繰り返しています。

屁したことで生きることを放棄したくなる。極度の面倒臭がりなので、
あーめんどくせっ
もういーや!
って。

♪生きなくちゃー
 背を伸ばしー
 まっすぐいかなきゃー

20代の頃の友達の歌を口ずさむことが多い今日この頃。
誕生日付近は小さい頃から毎年こんなんです。

おめでとう48歳
頑張った48歳
もう少しだ48歳

友達が1週間早いお誕生日をしてくれました。
姉と姪っ子が少し早いお誕生日をしてくれました。



頑張れ48歳!
くそっ!
ちっ、くそ、くそ!!



Matulikomatulika33 at 19:37│コメント(0)トラックバック(0)

2017年04月04日

f3977be0.jpg

9361a14f.jpg

e8b37128.jpg

76ca3f77.jpg

岩子(カメっち)がまだ冬眠中でちょっと気になり始めたどーもマツリ子です。
あ、生きてますよ、陽の当たるバックヤードで!

バックヤードと言えば。

衝動買い。
…て訳でもないのですが、最近大きな仕入ればかり続けておりまする。
吟味して、安くて可愛い、おまけに需要があると思われる商品ですが、いくら場所があるからってバックヤードがパンパンです。
今日から『春のコーン香祭り』を開始しましたが、


近いうちに『Tシャツ祭り』も予定しています。
すげえ可愛いインドのTシャツを21枚仕入れてあります。税込1000円で出そうと思っております!
(≧∀≦ ≡ ≧∀≦)ウヒャ!

タイのチークで出来たスツールを仕入れたのですよ(トップ画像1)
もうすごく気に入りまして!
ライン公式アカウントのお友だち登録をしている方なら10%オフの2070円でゲットできます。
安くね!?
…まぁ気に入るか否かなのですが、私これ部屋にあったらどんなに怒っている時でもニヤニヤしちゃいます。

とはいえ、お部屋がもういっぱいの方には
『欲しいけど無用な物』となり、
例えばベッドカバー。
150cm×225cmの布。
あれも2枚あればいいよね?
しかし可愛いデザインが山盛り。
となると。
新規のマツリカンを探さなくてはなりません。
そっかー。
うーん…。

キラリ★他力本願★

マツリカにはアジアンではない商品もあるので、ちょっとお洒落さん、ちょっと変態さん(笑)、
そんなお友達を連れていらしておくんなまし。
タイコットンのざっくり編みスカーフやバリ島のネックレス(トップ画像2・3・4)、お手頃価格でご用意してあります。

あとお願い。
てか、お願い第2弾(笑)
お時間のあるマツリカンは1時間でもゆっくり店内をうろついて下さいまし。あやしくなんかありません。

マツリ子がそれを望んでいるのだ!
ジャジャーン!!



Matulikomatulika33 at 16:16│コメント(2)トラックバック(0)

2017年03月31日

昨日から鼻の中に違和感があり、今朝鼻毛を切ったところ、
なんか縁起いいんじゃないの
ってほどすげえ長いのが収穫できました、どーもマツリ子です。
ご来店の際は是非鼻毛チェックをお願いします。指摘するもよし、野口さんみたいにククク…と楽しみ独り占めもよし。(いいの)

マツリカがどのように誕生したのか今日は語りたいと思います。

あれは2004年のお正月。
しっかしひまだなー!
そーだ店やろ!
以上です

アジアン雑貨に目覚めたのはいったいいつなのか、何度考えても分かりません。
20代半ばにはかなり好きでした。
25歳で訳あって100万円という額を手にし、数ヶ月で半分は使っちゃいました。それがすべてアジアン雑貨。

西荻窪に友達がおりまして、西荻の町をくるっと1周するとたくさんの面白い雑貨屋さんを巡ることが出来、たぶん2ヶ月に1回くらいは西荻ツアーをしていたと思います。
その中でも特にお気に入りだったのが『亜州民芸の店 夢の丘』さん。
あとバリ島のお店。

お正月に思い立ち、ネカフェで安い店舗を探し、高州にたどり着いたのが2月。
大家兼不動産屋さんとの契約の際、
「仕入れ先とか決まってるんですか?」
「はい(^^)」
にっこりと嘘をつく。

そして開店が3月14日となるのですが、当時大工さんだった弟に内装を任せ、私は問屋探しです。
まず隣の隣、綾瀬駅に降り立ちました。綾瀬にも雑貨屋さんがあったので、ピンとくるお店に入り
「春から金町で雑貨屋を始めます。仕入れ先を教えていただけますか?」。
これで何故門前払いを食らうのか未だ理解できません。
だって金町よ?
最寄り金町だけど埼玉よ?
私だったら丁寧に教えてあげるのに。
仕入れる商品も値段設定も店次第。色を出していけばお客さんは被らないはず。
勝負が怖いか、おっ?
負け犬か?(お前がな)

で、まぁ、
てな訳で門前払いを食らいに食らい、西へ西へ。吉祥寺まで行っても教えてもらうことは出来ず、
あら、どうしよー。
疲れはてて西荻に戻り、バリ島のお店で話をすると
「うちの商品卸しますよ」と。

えーいいのー?(ノ´∀`*)

今は両国の第一ホテルの前に店を構え、店名も変わりましたが、『民族館』さん。
行くと必ずバリ島のお茶を出してくれて、メンズシャツやデブでも着られる衣料品、素朴な楽器など楽しいお店です。
仕入れ先をやっと1軒確保し、駅前にあった夢の丘さんにもご報告に。
すると、
「うちも卸やりますよ?」。

・゜・(つД`)・゜・

さすが良い人ばかりの西荻!
どちらも現地仕入れのお店です。面白いモノがたくさんあります。

大きな問屋さんを知るのは開店してから。
最初はドロボー市みたいな、物がスカンスカンのお店でした。
ドロボー市しらんけど。

そんな訳で、マツリカ開店当初からお世話になっている大先輩のお店ですが、夢の丘さんは只今閉店sale中なのです。
在庫がなくなり次第閉店。
古いアジアン雑貨、特にインド好き様にはオススメです。
マツリカンで「好きそうだなぁ」って方には場所をお教えしています

昨日、夢の丘さんのオーナーさんがご来店してくれました。
アンパンマンみたいな優しいお顔のおじさんです。キャラ的にはジャムおじさんですが、アンパンマンです。
開店祝いの品と、マツリ子大好物のバームクーヘン。
あ、デフリ子って改名しときますか!

じいさん(父親)のお葬式を境にしたその以前が紀元前か?ってくらい記憶がないのですが、
行くと三方六(北海道のチョコレートでコーティングされたバームクーヘン)をわざわざ用意していてくれて、とにかく夢の丘さんに行くと毎回異常にテンションがあがっていました。
体調不良でしばらく仕入れに行けていないのですが、近いうちにいざ参らん!

年に何回かしか行けないお店ですが、夢の丘さんがなくなっちゃったらあたいの魂は宙をさ迷うな…。
さっき掃除機かけながらそう思いました。

命の限りについて改めて考えます。
人、物、店。
たまに、
わんこのシェルター的な場所で働こうかなー、などと、己の年齢を置いてきぼりに考えます。

大先輩から受け継いだ品がたくさんあるこのマツリカを、
この場所を空間を

1日でも長く続けていかねば。
そう気を引き閉めた次第です。

どうせ3年でつぶれるわ
って始めたのにね。
人生って不思議。


*夢の丘さん情報*

 13:00~17:00頃まで、18:30頃~20:00頃まで(木曜定休)
第2・3火曜、第2水曜は、13:00~15:00頃まで、18:30頃~20:00頃まで
(20:00の時点でお客様がいる場合は、最大22:00まで営業します。)
(事情により18:30以降の営業をお休みすることがあるかも知れません。)

※(現在西荻から移転してます)  墨田区業平2-12-5 山猫ビル
 押上駅B2出口から徒歩3分
 興味ある方はマツリ子まで。
※Facebookページあります。




 





Matulikomatulika33 at 15:42│コメント(0)トラックバック(0)

2017年03月25日

9c1665ff.jpg

0fc94343.jpg

de23799d.jpg

お化粧完了、無事オープン★から10日以上、
まだまだ新店舗に慣れない どーもマツリ子です。
順応性に欠けるこの厄介な性格はママンのお腹の中で形成されました (*´ω`*)

マツリカンが毎日ご来店してくれます!
基本1日1組。
いやいや、これすごいことなのですよ。金町に移転した際は、集まってくれたのは小学生だけ。来る日も来る日も小学生だけ!(笑)
本当に1からやり直しでした。
それがどうしたことでしょう!

細長い私道のいちばん奥。
徒歩70歩(←数えた)
住人であるマツリ子がいまだ少しドキドキする道のりを悠々と(徒歩)、颯爽と(チャリ)
たどり着いてくれるのです。
もうね、喉乾いたらお立ち寄り下さいましよ。大量購入したハーブティーが冬はあったか、夏は冷え冷えでお待ちしております。

でね?
ひとつ…、こほん。

金町店に毎日のように来てくれていたマダムが、場所は分かっているハズなのになかなかいらっしゃらない。
昨日やっとご来店してくれましたところ…
開店前に場所確認のために私道に入ったらばばあに睨まれたらしいのです。

こんなことホントは言いたくないのですが、
私道の中には11軒もお宅があります。
バカもいるでしょう。
引っ越しの際、開店するにあたり、
都度都度可愛いタオルや美味しい焼き菓子を配って頭を下げてまわりました。
全員『分かりました』と受け取ってくれています。
気の強いマツリカン、いらっしゃいますでしょうか?
はい、挙手!
睨まれたら「てめえ菓子くっただろ!」って言っちゃって構いません。
そんなバカ相手に近所付き合いなどクソ食らえだ。
大切にしたいのはマツリカン。
近所付き合いは付帯です。
13年間変わらぬスタンス。

とりあえず今のところ、


駐輪場は↑こんな感じでお願いします★

街中で誰かと目があった時、 ニヤっとすると怪訝な顔をされるのですが、睨むような人間にはなりたくないので良しとします。
てか、睨むって何?
は?ティーンネイジャー?
切れたナイフ?(by 出川哲朗・爆)

とりあえずマツリカにたどり着いたらのんびり楽しんで下さい。
お茶とイスも用意してありまする!



Matulikomatulika33 at 13:48│コメント(2)トラックバック(0)