2009年01月

2009年01月31日

ところでアフリカ(ウガンダ)へは羽田(東京)から関空(大阪)、関空からドバイ(アラブ首長国連邦)、ドバイからエンテベ(ウガンダ)と、飛行機に3回乗る。旅程表によると全てが『食事つき』だったので腹減らしのまま羽田で搭乗したのだが、1時間20分のフライト中サービスはジュースのみ。
「…食事って何かね?」。
腹をこわしてるくせに思わずつぶやいた食い意地の張り様がそもそも腹をこわす原因です。
さて初体験の関空、これからの国際線に備え『到着 Arrivals』『乗り継ぎ Transfer』などとメモしていたら周りに誰もいなくなり、なんとなく『どこでもドア byドラえもん』的なセキュリティチェックに向かい、またしても「アタシここでいんですか?」と聞くと関空の職員は無愛想に頷いた。ブサイ子なんだから愛想良くしとけ~、と肩で風きり通り抜けるとあら? 長いのはさておきリュックが引っ掛かった。
「何かチューブ入ってないですか?」と関西なまりで聞く。「チューブ?……チューブ……チューブ!?」。
頭の中にはガス線につなぐゴムホースしか浮かばず、なんだそりゃ?と思いながらも荷物を調べた。調べながら「チューブって、ゴムホース?」と聞くと「ハミガキみたいな何か」とブスが言う。「


Matulikomatulika33 at 19:55│コメント(0)トラックバック(0)マツリ子旅行記 │
無謀と言われご心配もいただいちゃったアフリカ旅行、無事(?)帰ってきたのでそのレポートを書こうと思う。
まずマツリ子、英語は中学1年生以下で海外は2回目。のくせにガイドブックをちゃんと読んだのが往きの飛行機の中という適当さ。
さて旅は羽田空港から始まりました。リュックと井草のゴザを持ってセキュリティチェック。
と係員、ゴザのことを「長いの注意でーす」ときたもんだ。長いのってアンタ、確かに長いけど他に言い方ないのかい?
なんて思いながらもマツリ子だってチケット見せて「アタシここでいんですか?」などと、尾崎豊の『オレは決して間違っていないか byシェリー』的な質問の仕方をするので、これが外人さんだらけの海外だったらなんつーの? と不安になる。が、中森明菜の『北ウィング』を歌いながらトイレへ。
…えぇまぁ、早くも腹をこわしてまして貴重な薬を羽田で飲みましたよ。
しかしMr.ビーンよろしく平静を装い搭乗。…搭乗ってのは飛行機内に乗り込んだ、ってこと。…あ、知ってるって?(照)
「長いの注意」は機内でも注意すべき荷物で、上の棚に収納したらコロコロと奥に転がり取れなくなっちゃって、あわててシートに乗っかり取り出したところにスッチー登場。


Matulikomatulika33 at 00:36│コメント(0)トラックバック(0)マツリ子旅行記 │

2009年01月10日

アフリカ行きを思い立ったのが昨年11月、いざ明日旅立ちとなったら面倒臭くなっちゃった、どーもマツリ子です。準備だけで行ってきた気取り、なんちって。
ご心配をおかけしましたが飛行機のチケット届いてました!
目指すはアフリカのウガンダ、ゴリラの国ですが隣はケニア。ライオンさんの近くまで行くのでマッシュ店長もつれてきます。
野生動物の番組を見ると興奮しTVの裏まで探しに行くほどライオンさんが大好きなマッシュ。
「マッシュ、ライオンさんは恐いからね。サファリに行ったとしても決して近づいちゃダメだよ。よせや~い!なんて遊んでるつもりでも食べられちゃうんだからね」。
何度そう言い聞かせたことか。
楽しみだね、マッシュ!
…なんて呑気なボケなんで、帰ってこられなかったとしても笑ってやって。2月になっても営業再開しなかったらマツリカ店内はマツリカンのモノになりますんでお早めに商品あさりに来て下さい。
写真は昨年1月13日のマッシュ店長。食欲も落ちていたのですが、セルフタイマーで何度もツーショットに挑戦しているうち、ペロリ…?とプリンを舐めてみたりした1枚。



Matulikomatulika33 at 23:32│コメント(0)トラックバック(0)マッシュ店長{∵} │

2009年01月04日

昨年の今日(1月4日)はとても穏やかな晴天でした。マッシュ店長とのんのん(初詣)に行き、帰りに水元公園に行きました。マッシュは体調もよく、売店のバームクーヘンを全部食べました。その時の写真がマツリカに飾ってあるモノです。
思えばあれが最後の散歩だったんだね、と今朝気づいたどーもマツリ子です。1月11日にアフリカへと旅立ちますが、旅行会社の手違いでチケットはまだ届いておりません。ボケはボケを呼ぶようです。
マッシュが闘病した11月、12月、1月の3ヶ月はマツリ子にとってツラい時期で、ちょいと耐えられそうにないので逃げちゃえ!と相成りました。
マッシュが一足先に天国に散歩に出かけ、営業を再開して間もなくのこと、1人の男が来店した。よく喋る野郎でマッシュの話にもなったので、面倒だったが簡単に「先日ガンで天国に」と答えた。すると「犬も病気には勝てないんですねぇ」と小物をいじりながら言いやがった。マツリ子ムキになって説明しましたよ! 余命数日と診断されたのに3ヶ月も生きてくれたことを。
野郎は納得し帰って行った。
野郎の言葉に悪意がなかったことは分かってる。でもいまだ許せんのですよ。野郎の放った言葉が耳から離れんのですよ。
マッシュは病気に負けた訳じゃない! 精一杯生きただけだ!
見かけによらず負けず嫌いのマッシュ店長、少し長めの散歩をすると明らかに歩き方に疲れが見られ、でも「マッシュ疲れた?」と聞くと必ず背筋を伸ばし軽やかに歩き始める子でした。
ガン細胞に栄養を取られ貧血でフラフラになっても外でトイレをしました。ベストを作って支えてあげても最後は鼻面をコンクリートにぶつけてしまった程の貧血状態で、でも『トイレはお外』と目で訴えてました。
野郎は先日も来店し、それだけで心にナイフが5、6本は突き刺さりました。この時期だけは耐えられないようなんで逃亡させてもらいます。
アフリカにいる友人が畳好きなんで井草のゴザをお土産に買った。『青森ヒバ』のマークに『九州育ち』、
…どっちじゃーい!?
と、正月にしか見ない関西芸人風に突っ込んだりして、少しは明るく過ごせてます。
マッシュ店長の命日は1月30日です。覚えていてね。忘れないでね。


Matulikomatulika33 at 11:12│コメント(1)トラックバック(0)マッシュ店長{∵} │