2009年02月09日

捨てられた子犬のように不安気に言うと
「オー、エクスチェーンジ?」
ストリートファイターとしか思えないコワモテのオッサンが優しく接してくれた。
よっしゃ、アンタは合格!
両替に成功し銀行を出た瞬間にまた鬼に戻りアカンを探す。
実はドバイで時間を合わせていて、3時頃ウガンダに着く予定なのに手元の時計は4時。アカンのヤツ帰っちまったんじゃねーのか? いや、その辺でジュースでも飲んでるか? と、かなりあわてていた。銀行の時計は3時だったのだが、「ケッ、時計まで適当ときてやがるっ」と思っていて、これもあのいい加減な表示の入国審査のせいだ!
(実際はドバイとウガンダとの間に1時間程の時差があったのだ)
…そんな訳で1年以上ぶりに会ったアカンを見つけるや否や「ちょっと聞いてよ!」と始まり、マシンガントークは止まらない…。




Matulikomatulika33 at 00:39│コメント(0)トラックバック(0)マツリ子旅行記 │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字