2017年07月01日

118adef3.jpg

441f7de4.jpg

163a68f9.jpg

早いーもんだね二十歳を過ぎて~♪

福原愛ちゃんが秋にはママになるそうですね。
先日同い年の友達と、
何の苦労も知らない20代のうちに結婚しとけ!
だよね!ニシシ!
なんて話をしました、どーもマツリ子です。

振り替えるとアラフィフ、ホントそう思うのですよ。
お気楽バカップルじゃないと結婚なんかなかなか出来ない。
羨ましくはないけれど(いまだ箱入り←箱頑丈)、
人生は本当に短いから、20代で結婚、30代40代に子育て、
50代は隠居(笑)
だってもう体がついていかないもの。
40代に突入した途端、重力に完敗!!ヽ(T∀T)ノ
お肉垂れすぎ!
で、45歳過ぎたらリビングで座ったまま寝てる。見たかったドラマは終わり、あたりは真っ暗。
こんなんで活発な小さい子供など育てられる訳がない。自分を生きるのに精一杯っス!

人生70年
あれ、80年?
なんて言いますが、10年前がつい先日のことのように思える今、
そんなのあっという間です。
長くて8回、『つい先日』が8回で棺桶、お葬式。
慌ただしいね。
誕生からお葬式までがホント慌ただしい。

やべーダメだ浮上できん!

よし、このまま生と死について進めます!

回転寿司に行ってシャリを残す方々がいらっしゃるそうですね。
Facebookの記事でも取り上げられていて、皆さん食え、と。戦中の話や貧しい国の話や、はたまた作ってくれた人に悪いとか。
んで、ひとりの小僧がやたら張り切って反論。
大手チェーンはシャリを大量廃棄しているじゃないか、とか、米農家さんも「捨ててもいいから買ってくれ」と言っているとか。

小さい!
小せえよ、論じてる世界がよ!

人間は命を殺して食ってます、生きてます。菜食主義だって同じ、植物も生きているのだから。
殺したんなら食えよ、と私は思うのです。

じゃあすべての命を食えるのか、それこそ大量廃棄されるシャリとか。
なんてね、小僧あたりが屁理屈こきそうですが、それは無理。到底無理。

1人1人が、せめて目の前にある命を残さずいただく。
それは、
1人1人が、せめて目の前で困っている人の力になる的なマツリ子イズム。

熊は鮭の筋子しか食べません。皮も栄養あるから食べる。けど身は放置。冬眠中に出産し、春まで何も食べずに仔熊に授乳しなくちゃいけないので栄養のある部位しか食べません。
(食べ残しはキツネが食べたりやがて土にかえるから問題なし)

人間は熊ですか?
いや、あれこれ学んで考える力だって備わっている。
ハズ!

食べ物はありがたくいただき、残さず食べましょう。

カタツムリやトカゲ、小さな命の繰り返しがマツリカ花壇で展開されています。
花壇ひとつ見ても思うことはたくさんある。
そんな環境に感謝。
せかせか生きたくはないのです。

あ、inomari さんのbag、使い込むといい味でるんですよ!



Matulikomatulika33 at 13:23│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字