2017年08月11日

9cffe286.jpg

c20c6bb8.jpg

何年ぶりかなぁ。
思い出せないくらい久しぶりにお墓参りに行ってきました、どーもマツリ子です。

お葬式もお墓も、私は残された人のためにあると思っていて、
残された人が人生に迷った時にお墓は必要なもので。

30歳前後に立て続けに友人を2人亡くしたのですが、
同僚ではないから毎日顔を合わせていた訳でもなく、だから余計この世にいないなんて信じられず、
あの街をうろうろすれば
「いよぅ!」って手を振ってくれるんじゃないかな。
会いたいな。
毎日毎日、夜空を見上げて泣いておりました
まだマッシュ店長が元気な頃で、そんな私を心配して、後ろに大切なおもちゃをそっと置いてくれたほど。

あの時にお墓があれば、花を手向け手を合わせ、墓石に刻まれた名前に納得したんだろうな。

ママちゃんが亡くなった後、少し時間があるとお墓参りに行っておりました。
「おっけぃ、おっけぃ♪」が口癖の近くのハリキリ花屋さんで、毎回白い花ばかりをほんの少しだけ選び、お線香は店のインド香の白檀を数本。
当然だけどまだじいさんが生きていて、
「お前ばあさんの墓参り行ったのか?」ってよく電話で聞かれたっけ。
行ったらキレイになってたからよ?って。

私はたぶんじいさんの為にお墓参りに行っていたんだと思います。
まだママちゃんのこと忘れてないよ、まだ私も淋しいよ。
お墓参りをすることで、そう伝えたかったんだと思います。
ひとりじゃない。2人だから、淋しいけど淋しくない。

じいさんが亡くなった後にお墓参りに行った記憶がありません。
ちょいと記憶が飛んでいたりするのですが、
たぶんない。
今日お墓参りに行き、
墓石に刻まれたじいさんの戒名を見て、
何かが胸を突いた。
そうだ、じいさん死んじゃったんだ。

だから、お墓参りには行っていないと思います。

墓前で手を合わせ、

もちっと健康になりますように。
頭が働きますように。

巣鴨のとげぬき地蔵あたりに行ったかと思われるがっついたお願い事をし、一緒に行った弟と少し近況を話し、
あんパンとあんドーナツと、姉が作ったスイカを回収して帰ってきたのですが、
特に心が晴れもせず。

なんだろう。
お墓参りが淋しい。


今年の夏はおかしいですね。
5月末が死ぬほど暑く、
マツリカのマツリカちゃんは空っ梅雨の6月に咲いちゃったし、8月に入ったら夏の終わりのような。
台風一過の茹だるような暑さとか、地震が多いとか、
UNIQLOはもう秋物だし(←いつものこと)、
夏休みが終われば大晦日まであっという間。

行楽シーズンの秋を前に、
8月27日(日)~28日(月)、一泊旅行に行ってまいります。


マツリ子が選ぶマツリカの好きな風景。



Matulikomatulika33 at 16:07│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字