2018年01月21日

802a2f5f.jpg

ae3d7232.jpg

ba90b8a0.jpg

bbdaa87b.jpg

93a878a9.jpg

おおるりグループのやっすいツアーは今回で2度目。
前回はたしか5~6年前の3月に行き、場所はやっぱり熱川でした。

海が見たい。
海を見ながら露天風呂に入りたい。
干物屋のおじさん 元気かな。

その3点で、
申し込みは出発の1週間前。
偶然にも姉が有休を取ったというので、今回は姉と2人旅。

おおるりの塩原温泉にはじいさんも湯治で行ってまして、まだ御一人様プランがなかった頃。
ママちゃんが亡くなり、ちょっとゆっくりしたいと言うので、直接ホテルに電話して無理に御一人様×6日間かな?
料金を設定してもらいまして、松戸から出ている送迎バスも予約し、

さ、行ってらっしゃい!!

じいさんからは毎日おやすみコールをもらっていたので、旅行中も夜になるとケータイが。

「たいした飯はないわ! 焼きそばとシュウマイとか!」

「今日はババアに付いて回られちゃって、仕方ない、昼にニジマスの塩焼き ごちそうしてやった!」

「なんか飽きたな!」

そんな感じ(笑)

ホテルまでの送迎バスが往復で600円に値上げした時で、
少し前までは500円だったそう。
宿泊も1泊6千円くらい。3人で行けば5千円くらい。
朝夕バイキング付き。アルコール飲み放題付き。

冗談みたいにやっすいモノを探してくるのが得意な、どーもマツリ子です。
送迎バスは今回、1,620円に値上がりしてました。


熱川には3つのホテルがあり、シーサイドホテルは宿泊料金が高い。
前回は名前に惹かれてそこに泊まったのですが、行ってみたら熱川グランドホテルと100mも離れていない。
海を見ながらの露天風呂が可能なら、安いグランドホテルの方がいいや。
どうせご飯は焼きそばとシュウマイと唐揚げくらい。

よし、唐揚げたくさん食べるぞ!!

今回の食に対する意気込みはそんなもんでした。
まさかあんなに素敵な料理が山ほど出るとは露木繁!(←古)

変わったのは料理だけでなく、『サービス観光』というモノがありまして、
ホテル到着が12時30分くらい。13時30分から河津の来宮(きのみや)神社とカーネーション園に無料で連れていってくれるという。
神社もカーネーションもまったく興味なかったのですが、夕飯の17時30分まで暇といえば暇。
あと、今回お留守番の姪っ子が神社好きなので、写真でもお土産に撮ってきてやっか。

そんなノリで参加してみたのですが、
神社の天然記念物である大クス(楠)や、風情を感じる苔むすあちこちに、
もう写真撮りまくり。
神社に向かう途中で開花している桜も発見し、
写真撮りまくり!

カーネーション園は外から見ただけで入らなかったのですが、代わりに道路を渡り、向こうに見える『地元産直売店』みたいな店まで行き、姉はそこで農家さんが作った安い梅干しと、4個入り100円のだいだいをゲット。
買ってから重いことに気づいたらしく、いらないのに私に2個くれました。
「大きいの2個あげる!」って、お姉ちゃん面して。
私だったら帰るまでは責任持って4個持ち歩くけどね。さすが姉ね。
少しシラッとして、
さ、ソフトクリーム!
姉はわさびのソフトクリーム。私はみかんのソフトクリーム。

うまぁ!!

で、
やたら辛い辛い言ってる姉と途中で交換。
別に辛くないのでいいんだけど、
さらばみかん!(泣)

ホテルに戻り、波の音を聞きながらゴロゴロしていると夕飯の時間となりました。

内容は画像の通り。
まったくインスタ映えしないのですが、どれも優しい良い味付けで、とても美味しかったです!
お刺身出るとは思わなかったし。甘エビ、タコ、サーモン、マグロ、どれも冷凍じゃない、水っぽくない。
幸せー。
例のごとく旅行前に突然体調を崩した訳ですが(呪い?)、
万全ならバイキングメニューのロールキャベツを山ほど食べたかったなぁ。
エビチリは山ほど食べたけど。
あ、あともつ煮込み。
もつ煮込みもおかわりしたかったー!!

姉は冷酒を飲み、私はなっちゃん(オレンジ)をがぶがぶ飲み、アイスも食べて、

さ、露天風呂よー!

だーれもいないの!
大浴場に姉と2人だけ!
姉が内風呂で平泳ぎをしている頃、私は露天風呂に首までつかっておりました。

ぬるーい!

のぼせ症なのでぬるま湯好きです。
立ち上がって見る海は暗黒で、波打ち際の揺れる白の連でようやく海と分かるくらい。

函館と違い、漁り火がないんだなぁ。

少しつまらなく思いながら、
露天風呂終了。
また明日、朝風呂で会いましょう。

なんつって起きないのがマツリ子です。
まぁいーの。

6時45分頃に朝陽が昇ります、って往きのバスの運転手さんが言っていたのですが、あいにくの分厚い雲でした。
朝食を済ませ、9時30分にチェックアウトした後は、12時30分くらいまで時間があります。

干物屋さんに行ってみました!

あ、覚えてる、覚えてる。
ここで前回ラーメン食べたっけ。夕飯が淋しかった前回は夜に町に繰り出して。
というと干物屋さんは、

あった!

顔はまったく覚えていませんが、よく通る声のおじさんが、タバコ片手に店をウロウロしてる。

「今日はどこ泊まるの?」
「いつ来たの?」
「これ食べてみてよ!」

試食も変わらずワサビ漬け。

「知り合いが作ってるワサビ漬けなんだよ、他じゃ、ないよ? これはうまいよ!」

ワサビ漬けを味見した後、

「5~6年前に来た時もおじさんとこにお世話になってね、イカ焼いてもらって食べたの」

そう言うと、

「そうだよ、好きなの焼いてやっから。干物は干物屋にかなわないよ」

けどそれは全然押しつけではなく、
「朝ごはん食べたばっかりだからまた来るね」っていうと、
「そうだよ、お腹空いたらまた来てよ」
笑顔で町散策に送り出してくれるのでした。

といっても、くるっとまわれば散策終了。

間欠泉の脇に銭洗い弁天があり、姉がせっせと小銭を洗っています。

「これでお金が増えるんだから、商売人ならやりな!」

姉はその手が大好きで、違う間欠泉の脇にあった恵比須様あたりにも宝くじ当選を祈ってました。
そんなんでお金が増えるなら、
なんで姉は今頃ドバイの富豪じゃないんだ?
(ヾノ・∀・`)

11時になり、干物屋さんに戻ると、さざえが食べたいとドバイが言う。
私も食べたい。
観光地だから千円くらいまでは許容範囲。
店にはおばさんがいました。

「さざえ食べたいんだけど、高いかなぁ」
「重さで違うの…」

そこにおじさん登場。

「あー、お姉さん! なに、さざえ?」
「うん、高いのかなぁ」
「あー650円! 焼いて食べてく?」
「じゃ2つ焼いて下さい!」

たぶん100gいくら、だと思うのですが、650円で食べさせてくれました。
東京に帰ってからこれを姉は「高い!」と言ったのですが、
いいのよ、うまけりゃ。
近くのスーパーで小さいの350円だったって?
そりゃスーパーだからだろ。



下手したら四半世紀ぶりくらいに食べました!
イカも食べたい、と姉が言うのでおじさんに焼いてもらい、
一夜干しのイカにワサビ漬けがよく合ったので
ワサビ漬けも買い、
自家製イカの塩辛、かまぼこ、キンメの味噌漬け、イカの一夜干し、あじの開き。

いま我が家の冷蔵庫は生臭いです

帰りのバスは小田原の鈴廣に寄り、そこで超うまいかまぼこゲット。
17時過ぎに上野に着いて、
18時30分には帰宅しました。

かまぼこ、イカメンチ、干物、海の幸、ソフトクリーム。
今回もうまいもんは制覇できたかと!

そうそう。
河津の桜が咲く前(つまりシーズンオフ?)
だからと、送迎バスが1,620円ではなく730円でした!
2人部屋だから、宿泊費は6,155円。入湯税150円。
1泊2日、7,035円なり~
本当は1万円で済まそうと思っていたのですが、お土産魂に火がついちゃって。

みなさんも是非是非おおるり、利用してみて下さい。
焼きそばとシュウマイだけじゃなくなったので!





Matulikomatulika33 at 15:17│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字