2018年01月27日

大変だな、ツラいな、
いやいや気合い入れてこー!

そんな時に出るちょっと変わったマツリ子の癖について今日はお話するよ!


レコード会社で販売促進の仕事をしていた21~22歳、
「おい、手伝ってくれ!」と上司に言われ、何度か資料作りを手伝いました。

30分で1,000部とか。

今でもそうですが、仕事は早い。
デスク(事務)の女子がちんたら見えるほど。
早いのですが大変なのは同じで、
そんな時、無意識に演歌を口ずさんでしまいます。←癖

目にも止まらぬ早さで手を動かしながら、八代亜紀の『舟唄』を歌っていたりします。
のんびりと歌いながら、しかし

♪お酒はぬるめの~

だけで10枚近くの紙を手にしています。

あ、今は資料も紙じゃないんでしょうね。四半世紀前はコピーしてまとめてホチキスで止めてました。

「ちょ、やめて、演歌!」
そんな苦情も出るのですが、そう言う彼女も手は動かしたまま。
ベルトコンベアー式に1部が出来上がるのですが、その中に私が入るのだから、そりゃまわりも光速になります。
その為の「手伝ってくれ!」です。
で、『舟唄』はエンドレスに、1,000部出来上がるまでのBGMになります。

上司は厳しく、社員全員から煙たがられておりましたが、お茶目な面もありました。

「出荷が間に合わない、工場に行ってくれ!」

ある時言われたその工場は、品川から乗り換えた『港町』にあったのですが、駅の存在すら知らない私に
「窓口で『みなとまち』まで、と言えば切符が買える」
なんてウソ教えやがって、
当然品川まで

♪おんな港町どうしてこんなに夜明けが早いのさ~

陽気に歌いながら行きました。
いや、別に大変ではなかったのですが、『みなとまち』なんて駅があるのかぁ…
そう思うと、ついつい歌ってしまいます。
で、
「『みなとまち』まで!」
「はい、『みなとちょう』ね」

むむ?

くっそー
やりやがったな!!

ほくそ笑む上司が脳裏に浮かぶ訳です。

あの会社では、

緊急事態→マツリ子→演歌

そんな流れが絶対あった!
と思うほどよく演歌を口ずさんでおりました。


15日に新しくしたばかりのエアコンですが、昨日なんかは暖房運転にして15度までしかあがらず(泣)
今日は18度だからまだマシですが、15度は寒いよー!
起きてTVを見ているのもツラく、昨夜は22時30分には布団に入ってしまいました。
背中にホカロン2つ貼り、マフラーしてマスクして帽子かぶって、
あーぬくい

今朝も帽子はかぶったまま、トイレ掃除して開店して掃除機かけて、
ふと気づくと歌っておりました、
兄弟船!

♪波の~谷間に~

なんや、寒いな!
って自分ツッコミした後、
あーもう嫌なんだ、ホントにツラいんだ、この寒さ。

いつまで続くんでしょうねぇ。
花壇に集めちゃった雪は積もったばかりのようにサラサラで、植物はしょんぼりしていて、
まぁ3月になれば溶けるだろうけどさ、

♪波の~谷間に~命の花が~

兄弟船が止まらない。



Matulikomatulika33 at 14:04│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字